今すぐお金借りるなら消費者金融がおすすめ!

今すぐお金借りるnavi

今すぐお金借りる方法を徹底解説!緊急事態でもカードローンがあれば大丈夫

今すぐお金借りる必要がある理由は人それぞれ異なりますが、どうしても急ぎでお金が必要になるときって誰にでもあると思います。

お金が必要になる状況は突然訪れるものなので、誰もがピンチな状態になると思いますが、そんな時に今すぐお金を借りたいと言う欲求を満たしてくれるのが「消費者金融」になります。

銀行でお金を借りる方が安全だと思っている方も多いと思いますが、銀行では今すぐお金を借りることはできません。

急ぎでお金が必要で緊急を要する場合は、消費者金融のカードローンほど手軽にお金を借りられるところはないのです。

カードローンには大きく分けて銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類ありますが、即日融資が可能で今すぐお金借りたいと言う場合は消費者金融カードローンがおすすめになります。

消費者金融は不安だから銀行カードローンでお金を借りたいと思う人も居ると思いますが、銀行カードローンは用意する書類が多く審査が厳しくなりますので、審査に通過するまでに1週間以上かかってしまう場合もあります。

そのため、今すぐお金を借りる場合は消費者金融カードローンがベストな選択なのです。

目次

今すぐお金借りるなら消費者金融が確実!


今すぐお金借りるなら即日融資が可能で、土日祝日でも振込みが可能、審査時間は最短30分の消費者金融カードローンがおすすめになります。

消費者金融は金利が高いと思われている方も多いと思いますが、最近の消費者金融は「30日間無利息サービス」を行っているところもありますので、短期間で返済する予定がある場合は銀行でお金借りるよりもお得になります。

アコム

  • 1~800万円まで最短30分審査
  • 30日間金利0円
  • 土日祝でも振込み可能

アコムは3秒診断で今すぐお金借りれるかの結果が分かります。しかもアコムで初めてお金借りると言う人は「最大30日間金利0円」になりますので、短期間での返済が可能な場合は銀行カードローンよりもお得にお金を借りることができます。最短30分で審査回答、楽天銀行の口座があれば受付完了から1分程度で振り込み可能になります。

ご融資額 1~800万円まで
審査時間 最短30分(3秒診断あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要

アイフル

アイフル

  • 800万円まで最短30分審査
  • 30日間無利息サービス
  • 最短30分で審査完了

アイフルは最速1秒診断で今すぐお金借りれるかの結果が分かります。しかもアイフルで初めてお金借りると言う人は「最大30日間金利0円」になりますので、短期間での返済が可能な場合は銀行カードローンよりもお得にお金を借りることができます。最短30分で審査回答、即日融資も可能で収入証明書は原則不要になります。
※ご利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースの場合

ご融資額 800万円まで
審査時間 最短30分(1秒診断あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要
上記の消費者金融は最短30分と言うスピード審査になりますので今すぐお金を借りたいと言う人にぴったりになります。しかもモビットに関しましてはわずか10秒で簡易審査が完了しますので、緊急事態でも安心です。また消費者金融は比較的金利が高めに設定されていますが、30日間の無利息期間がありますので短期間でお金借りる場合はあまり気にする必要はないでしょう。

なぜ今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめなの?


今すぐお金借りる場合は消費者金融がおすすめになる理由は、「今すぐ」と言うところがポイントになります。

お金を借りるのに必ず必要になるのが「審査」ですが、消費者金融の審査は最短30分で即日融資が可能になりますが、銀行カードローンの場合は審査が非常に厳しく即日融資が難しくなります。

また、銀行の場合は審査に必要な書類も多くなりますので、書類集めに時間がかかってしまうのです。

しかし、消費者金融の場合は「運転免許証」があれば審査可能で、WEB完結型になりますので窓口に行く必要もなくお金を借りることができるのです。

審査にさえ通過したらすぐに指定口座に振込みしてもらえるので、緊急事態のときでも安心です。

両親や友達にお金を借りれるなら消費者金融でお金を借りる必要はないと思いますが、身の回りにお金を貸してくれる人がいない場合は消費者金融が頼りになります。

消費者金融のイメージをあまりよく思っていない人も少なくないと思いますが、昨今の消費者金融は大手銀行の保証会社をしているほど信用がありますので安心していただいても大丈夫いでしょう。

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比較しても、即日融資が可能で場合によってはほぼ審査なしでお金を借りることができますので、とにかく今すぐお金を借りる必要がある場合は消費者金融カードローンがおすすめになります。

消費者金融は審査なしでお金を借りることができるの?

そもそも消費者金融でお金を借りる際に審査なしの業者はあるのでしょうか?

審査なしでお金借りることが可能な業者は、「ヤミ金」などの違法業者になりますので十分注意するようにしましょう。

また、審査が甘い場合もまともな貸金業者ではない可能性が非常に高いので、絶対にお金を借りないようにしてください。

銀行や消費者金融からお金を借りる際には必ず審査があり、その審査に通過する必要があります。

つまり、消費者金融でお金を借りる際は必ず審査があると言うことです。

消費者金融でお金を借りる際の審査に必要な書類

消費者金融でお金を借りる際の審査に必要な書類は、各社共に基本的に同じになります。

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート)
  • 収入証明書(給与明細・源泉徴収票など)

消費者金融でお金を借りる際は、基本的に上記の書類が必要になりますが、場合によっては免許証だけで審査が通過する場合もあります。

運転免許証や収入証明書の写真をスマホで撮って、各消費者金融のWEBサイトにアップロードするだけで審査してもらえます。

ただし、あくまでもこの審査は仮審査になりますので、ここで審査に通過したからと言って確実にお金を借りれる訳ではありません。

仮審査に通過しましたら本審査があり、本審査に通過したらお金を借りることが可能となります。

最近は各消費者金融の公式サイト内で事前に自分が審査に通過するか簡単な審査を行ってくれますので、心配な方はまずは簡易審査から試して見ましょう。

モビットでしたらわずか10秒で結果が出ますし、プロミスやアコムでも簡易審査がありますので是非ご活用ください。

この簡易審査に通過すれば、ほとんどの確率で即日融資可能になりますので今すぐお金を借りる必要がある方でも安心です。

消費者金融の審査は、普通に働いて安定収入があり、他社からの借入も少ないと言う人からすると普通にお金を借りる事ができるので「審査が甘い」と思われるかもしれません。

一方で、審査が全くなく即日融資してくれるような業者は、ヤミ金などの違法業者の可能性が高いのでご注意ください。

法律に基づいて貸金業を行っている消費者金融は基本的に審査がありますので、審査がある時点で安心できる消費者金融と言うことになります。

消費者金融でお金を借りる際の審査基準について

消費者金融でお金借りる際は必ず審査があります。

その気になる審査基準は以下になります。

個人信用情報に関する審査

  • 自己破産や債務整理の記録はないか
  • 他社の借入はないか
  • 過去の借入実績はどうか
  • クレジットカード等の返済状況に延滞や滞納していないか
  • 過去に消費者金融でお金を借りたことがあるか
  • 借りたことがある場合は延滞や滞納はしていないか

カードローンでお金を借りることができるかの分かれ目になる審査が個人信用情報に関する審査になります。

例えば、事故情報(自己破産・債務整理・返済延滞・遅延)、借入状況(借入金額・借入件数・借入上限金額)、申込記録(他社への借入件数や申込記録やキャンセルなど)、借入実績(カードローンの利用状況・返済状況・借入期間・借入金額・返済回数・月々の返済額)などをチェックする審査になります。

消費者金融カードローンは、無担保で保証人不要の信用貸しでお金を貸してくれるため、個人信用情報はしっかりとチェックします。

上記の信用情報の内容が悪いと、どれだけ以下の属性スコアリングがしっかりしていても審査落ちしてしまう可能性があります。

属性スコアリング審査

  • 正社員化アルバイトか
  • 安定収入はあるか
  • 20歳を超えているか
  • 持家か賃貸か
  • 年収はいくらあるか
  • 結婚しているか

属性スコアリング審査とは、「氏名・生年月日・住所・電話番号・住居・婚姻の有無・家族構成・勤続先・勤続年数・年収・雇用形態・保険証の種類」等のあなたの基本情報を点数化(スコアリング)する審査になります。

基本的に上記内容に問題なければ消費者金融でお金を借りることができます。この2つの審査項目に問題が無ければ、基本的にお金を借りることが可能となります。

主婦でもお金借りることは可能?

消費者金融でお金借りる場合、主婦の方でもパートなどの安定収入があれば審査対象になりますので審査に通過すればお金を借りることができます。

ただし、専業主婦の方の場合は安定収入がありませんので審査対象にはなりませんので、お金を借りることができません。

学生でもお金借りることは可能?

学生であっても、20歳を超えていてアルバイトなどの安定収入がある場合は、消費者金融でお金を借りることができます。

無職でお金借りることは可能?

無職でお金借りることは可能なの?

無職の方でも20歳を超えていて、就職先の内定が決まっている場合はお金を借りることができる場合があります。

ただし、消費者金融の審査によっては難しい場合もありますので、就職準備等でどうしてもお金が必要な場合は審査を受けてみましょう。

お金借りるときの審査に有利な人と不利な人


消費者金融でお金借りるときの審査は、有利な人と不利な人に別れます。

万が一審査に落ちたとしてもその理由を消費者金融は教えてくれませんので、まずは自分が審査に有利か不利かを把握しておきましょう。

審査に不利な人 審査に有利な人
年収 200万円以下 300万円以上
仕事内容 アルバイト 正社員
勤続年数 1年未満 3年以上
住居形態 賃貸・アパート 持家(実家OK)
家族構成 一人暮らし 家族同居
取引実績 はじめて 複数回
他社借入の有無 あり なし

上記表をご覧いただければ自分が審査に有利か不利か一目瞭然ですね。

とは言っても、審査にマイナス部分が多かったとしても審査にサクッと通ることもありますので、一概に不利とは言えないのが現実になります。

上記表を見て、例えあなたが不利な人の項目に複数該当している場合でも諦めないで審査してみましょう。

万が一審査に落ちた場合でも、一件だけならまだ何とかなります。

もしかすると、何事もなかったかのように普通にお金を借りることができる場合もありますので、まずは様子見で気になる消費者金融に審査申込みしてみましょう。

審査が甘い消費者金融はあるの?

消費者金融の中でも審査が甘い業者はあるのか?

審査が甘いと通りやすいのでお金を借りやすくなりますが、残念ながら審査が甘い大手消費者金融はありません。

どこも審査はきちんとしていますので、どこの消費者金融が審査が甘いと言うことは一切ありません。

もし、上記で紹介しました大手消費者金融の審査に落ちてしまったと言う場合は、過去に延滞を起こしているかブラックリストに載っている可能性があります。

消費者金融でお金借りる審査に落ちた場合


上記の消費者金融に申し込みをして審査をしたけど落ちた場合は、延滞を起こしているかブラックリストの可能性があります。

ブラックリストの場合は大手消費者金融や銀行系カードローンの審査に通りませんのでご注意ください。

また、ブラックリストではないけど過去に延滞等を起こしている場合も審査が厳しなってしまいます。

他にも債務整理や自己破産している場合は、上記の消費者金融でお金を借りることが難しくなります。

もし心当たりがあると言う場合は、以下の記事で紹介する中小の消費者金融の審査をお試しください。

以下で紹介する中小の消費者金融の場合は、延滞情報やブラックであっても積極的に貸し付けを行っており、審査対象になりますので審査申し込みしてみてください。

ブラックでも今すぐお金借りる方法はガチであります!大手消費者金融の審査に落ちたらココ

ブラックでもお金借りる方法はあるのか? あなたが当ページに辿り着いたと言うことは、現在「ブラックリスト」になっている可能性が高くどこの消費者金融や銀行の審査も通らないと言う状況になっているのではないで ...

続きを見る

消費者金融でお金を借りる際に審査落ちしないための注意点


消費者金融でお金借りる場合は必ず審査がありますので、審査落ちしないための注意点をご紹介しておきたいと思います。

消費者金融の審査で注意する点は、

  1. 申込金額は必要最低限にすること
  2. 虚偽申告は絶対にしないこと
  3. 個人情報の記入ミスに注意すること

になります。

①申込金額は必要最低限にすること

消費者金融でお金借りる際の申し込み金額は、必要最低限にしておきましょう。

例えば1万円借りたい人、5万円借りたい人、10万円借りたい人、50万円借りたい人、100万円借りたい人、人によって借入希望額は異なると思いますが、借入する金額が増えるに連れて審査の慎重度合いが増し、審査が厳しくなりますので注意が必要になります。

基本的に消費者金融でお金借りる場合の審査基準に「総量規制」がありますので、年収に応じた金額しか借り入れることができません。

総量規制とは「年収の3分の1までしか貸付できない」と言う消費者金融を規制する法律になります。

例えば、年収が300万円の場合は、100万円が借入限度額となります。

これは、複数の消費者金融を利用した場合でも、全ての借入の総合計が年収の3分の1以下でなければならないと言う法律になります。

つまり、A社で50万円借入している場合はB社で50万円までしかお金を借りることができないと言うことです。

消費者金融も年収に応じた金額しか貸付できませんので、年収とあまりにもかけ離れた申込み額だと審査に落ちてしまう可能性があります。

一方100万円以上の申込み額でも、年収や属性によってはサクッと審査に通ってしまう場合もあります。

②虚偽申告は絶対にしないこと

消費者金融の審査申込み時に他社の借入金額や借入している件数を申告する必要があります。

これは審査の可否を左右する重要な情報になりますので、必ず嘘偽りなく申告するようにして下さい。

今現在他社のカードローンなどで借金があることを書いてしまうと審査に落ちてしまうんじゃないかと不安に思う方も多いと思いますが、全て筒抜けになりますので必ず正直に申告するようにしてください。

消費者金融や銀行のカードローンに申し込みする際に「個人信用情報の同意」の項目に必ずチェックする必要があります。

ここにチェック入れた時点で、あなたの個人信用情報が開示されますので、現在の借入状況などが全て見られてしまいます。

つまり、借入金額を少なく書いたり、借入があるにもかかわらず無しと申告した場合でも全てバレてしまうと言うことです。

消費者金融でお金借りる時点で信用取引になりますので、あなたに返済能力があるか、信頼できる人間かを審査しますので、虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

③個人情報の記入ミスに注意すること

最も基本的な事ではありますが、あなたの個人情報に誤りがあると審査落ちしてしまう場合があります。

例えば「氏名・住所・連絡先・勤務先・勤続年数・家族構成・居住年数・居住タイプ」等々の個人情報です。

これらの情報は審査に必ず必要な情報で、万が一誤りがあると審査落ちの原因となる場合もありますので要注意なのです。

個人情報の記入ミスで審査落ちした場合も個人信用情報に記録が残ってしまい、次に他の消費者金融で申し込みをした場合に不利になることもあります。

そのため、入力内容に誤りがないか必ずチェックするようにしてください。

消費者金融でお金借りる場合は審査落ちに注意する必要があります。万が一審査に落ちてしまうと個人信用情報に記録が残りますので、他社の審査にも影響してしまいます。そのため、消費者金融でお金を借りる場合は上記の3点に注意するようにしましょう。

消費者金融でお金借りる場合の金利について


消費者金融に限らず銀行でお金を借りる際も必ず返済時に「金利」の支払いが発生します。

金利とはかんたんに言いますと、借入金とは別に借入期間に応じて追加で消費者金融に返済しなければならないお金(利息)になります。

お金を借りる金額が大きくなればなるほど金利が高くなります。

日本では貸金業法の「利息制限法」によって、金利の上限を20%までと定められていますので、ほとんどの消費者金融の金利(実質年率)は20%以下に設定されています。

例えば、消費者金融で100万円借りる場合で、金利が18%と仮定すると18万円の金利の支払い(毎月返済時に分割払い)が発生すると言うことです。

ちなみにですが、消費者金融でお金借りる場合は、10万円未満であれば20%の金利、10万円以上100万円未満であれば18%の金利、100万円以上であれば15%の金利が上限となります。

それぞれの消費者金融に上限金利が設定されていますので一概には言えませんが、基準は上記になります。

実際の消費者金融でお金借りる際の金利はどうなの?

実際に「プロミス・モビット・アコム・アイフル」でお金を借りた場合にどれぐらいの金利が必要になるのか見て行きましょう。

消費者金融 金利
プロミス 4.5~17.8%
モビット 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%

大手消費者金融3社の金利は上記になります。

もしあなたがお金を借りるとどの程度の金利が付くのかと言いますと、初めての取引の場合は基本的に上限金利が適用されます。

しかし、プロミスとアコムに関しましては、「初めてのご利用の方に限り最大30日間の金利0円」が適用されますので、初めてお金借りると言う方は金利についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

消費者金融でお金を借りる場合は、借入と返済を繰り返し行い信用が付くことで徐々に適用金利も下がっていきますので、まずは繰り返し利用するようにしましょう。

また、信用が付いてくると消費者金融側から借入枠の増額と金利引き下げの提案が来ますので、繰り返し利用することで銀行カードローンなみに低金利になっていきます。

消費者金融以外でお金借りる方法


お金を借りれるところは消費者金融だけではありません。

両親や友達、知人からお金借りるのが難しく、消費者金融でもお金を借りるのが嫌だと言う場合は、以下の方法でお金を借りるようにしましょう。

消費者金融が心配な場合は銀行でお金を借りるようにしましょう

消費者金融でお金借りるのが心配と言う場合は、銀行でお金を借りるようにしましょう。

ただし、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、審査に通過するまで数日かかりますので今すぐお金借りることができません。

最近は大手都市銀行以外にも地方銀行や信用金庫、ネットバンクなども個人向けに融資薄るようになり、各金融機関のカードローンがあります。

銀行と言えば、住宅ローンやオートローンなどの借り入れる目的が明確な人への貸付が主流でしたが、最近では無担保で保証人不要の銀行カードローンもあります。

ただし、審査内容によっては保証人が必要になる場合もありますのでご注意ください。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低いため、長期的にお金を借りる場合はお得になります。

ただし、審査時間が非常に長く即日融資はほぼ不可能で、銀行口座を持っていない場合はさらに時間がかかりますので、今日中や明日中にお金借りる必要がある場合は難しいでしょう。

クレジットカードでお金借りる方法もある

消費者金融でお金を借りたくない、銀行は審査が厳しいし時間かかるから間に合わない、そんな時はクレジットカードでお金を借りることもできます。

お買い物する際にクレジットカードを利用したことがあると思いますが、クレジットカードにはキャッシング機能が付いている場合が多くなりますので、審査なしでお金借りることが可能となります。

既にクレジットカードを持っている場合は、審査が完了していますので審査なしでお金を借りることができます。

つまり、今すぐお金借りる方法で一番早い方法は既存のクレジットカードのキャッシング機能を利用すると言う方法になります。

ただし、もともとついているクレジットカードのキャッシング機能の利用枠は小さいのが欠点になります。

クレジットカードのキャッシング機能の利用枠は、ショッピング枠と併せた限度額が初めから決められていますので、ショッピングで利用している場合はさらに借りれる金額が少なくなります。

また、クレジットカードを持っていない場合は銀行と同じぐらい審査に日数がかかりますのでご注意ください。

初めてお金借りるなら大手消費者金融がおすすめ


初めてお金借りる場合は大手消費者金融がおすすめになります。

親や友人以外からお金を借りる場合は、「銀行・消費者金融・ヤミ金」のいずれかになりますが、ヤミ金だけは絶対に手を出してはいけません。

銀行や消費者金融は、貸金業法の「利息制限法」によって、金利の上限を20%までと定められていますので、法定金利での貸し付けしか行いませんが、ヤミ金の場合は20%を超える法外な金利で貸付を行いますので要注意です。

銀行で言えば「三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行」などの全国展開しているメガバンクのカードローン、大手消費者金融で言えば「プロミス・モビット・アコム・アイフル」が安心ですね。

銀行カードローンが最も信頼できると思いますが、審査が厳しくお金を借りるまでに相当な時間が必要になりますので、今すぐお金を借りなければならないと言う人向けではありません。

今すぐお金が必要と言う場合は、最短30分で審査が完了し、最短1時間で融資が可能な消費者金融がおすすめになります。

しかも消費者金融でしたら、24時間申込み可能でネットバンクやコンビニのATMを利用すれば24時間いつでもお金を借りることができますので、急なピンチの時でも安心です。

消費者金融でお金借りると家族にバレないか心配

消費者金融でお金借りると家族にバレないか心配と言う方も多いと思いますが、最近の消費者金融はカードレスでお金を借りることが可能で、申込みもWEB完結型になりますので、カードや書類などの郵送物は一切自宅に届きませんので家族の方にお金を借りたことは基本的にバレません。

もしお金を借りたことがバレるとしたら、返済に遅れが生じたときや借金を踏み倒したときだけになります。

返済期日をきちんと守って返済さえしていれば、絶対にバレないのが消費者金融のカードローンになります。

万が一、返済が遅れてしまった場合は登録先の自宅に連絡が入ったり督促状が届いたりしますが、前もって消費者金融に連絡しいついつまでに返済しますと伝えておくことで自宅に通知が行くことはありません。

消費者金融でお金借りると会社にバレないか心配

消費者金融でお金借りる場合は必ず審査があり、審査項目に勤続先への「在籍確認」の電話があります。

これで会社にバレてしまうと思われがちですが、実は消費者金融側も配慮してくれて架空の会社名を名乗ってくれたり、消費者金融だとバレないように勤務先に在籍確認を行いますので会社にバレることはありません。

それに在籍確認と言っても、

消費者金融「〇〇さん居ますか?」
会社「〇〇はただいま外出しておりますが?」
消費者金融「わかりました」

だけになりますので、絶対に会社にバレません。

消費者金融の在籍確認の目的は、あくまでもあなたがその会社に勤めているかと言う確認だけになりますので、上記のやりとりであなたがその会社に勤めていると言うことが分かりますね。

ちなみにですが、これが例えば「そのような者は当社に居ませんが?」と言われれば在籍確認がとれないので審査落ちになってしまいます。

消費者金融でお金を借りたとしても、会社にも家族にもバレる心配はありませんのでご安心ください。

お金を借りる理由は人それぞれ違う?


お金を借りると聞くと「借金」になりますのでマイナスイメージを持つ方も多く、恥と捉える方も多いのが日本ですが、「お金を借りる=未来への投資」と考えることもできますね。

お金を借りると聞くと、貧乏で生活費を借入する、贅沢品の購入のために借金する、会社が倒産して多額の負債を抱えるなどネガティブなイメージが多くなりますが、未来への投資と考えるとポジティブに捉えることもできますね。

お金を借りる理由は人それぞれではありますが、ポジティブな理由とネガティブな理由がありますのでご紹介しておきたいと思います。

ポジティブなお金を借りる理由

  • 起業(開業)するための資金
  • 事業の発展のための資金
  • 勉強するための資金(学費等)
  • 結婚式を挙げたい
  • 自分へのご褒美
  • 新生活のための引っ越し費用
  • 親の葬儀のため

お金を借りることを後ろめたく考えている人も居ますが、上記のようなポジティブな理由であれば何も後ろめたく考える必要は無いでしょう。

ポジティブな理由でお金を借りる場合は前向きな姿勢で良いのではないでしょうか。

ネガティブなお金を借りる理由

  • ギャンブルで生活費が足りなくなった
  • 会社が倒産しリストラされた
  • 給料が少なく生活できない
  • 失業が原因で食い繋ぐため

競馬やパチンコなどのギャンブルのやり過ぎで生活費が足りなくなった場合や会社が倒産しリストラされた、給料が少なすぎて生活できない、失業が原因で食い繋ぐため、等が原因でにお金を借りる人も居ますが、自分の生活を立て直すための自己投資を目的とした借金でしたらネガティブになる必要は無いでしょう。

お金を借りる理由は人それぞれ異なりますが、例えネガティブな理由であっても今の生活を立て直すために未来を見据えてお金を借りるのであれば何も問題はないでしょう。一番注意しないといけないのは、返すあてのないお金を借りることです。お金は借りた以上必ず返済しないといけませんので、返済できる見込みがある場合だけ利用するようにしましょう。

更新日:

Copyright© 今すぐお金借りるnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.