今すぐお金借りる

カードローン 消費者金融

モアタイムシステムとは?参加している銀行はどこ?

更新日:

モアタイムシステムとは、2018年10月より全国銀行協会が稼働させたシステムで24時間365日いつでも即時振込出来るサービスです。対象は、全銀協に加盟する金融機関500行以上で地方銀行やネットバンクも対象となります。

なお、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに参加している銀行からが対象なので大手銀行でもまだ参加を見送っている所もあります。

今までは、コアタイムという平日8時半から15時の間に振込処理を行えば即日入金が可能でしたが、それ以降の平日夜間、土日祝に振り込みをした分は、翌朝の8時半以降にならないと振込処理が完了しなかったのです。しかし、モアタイムシステムが導入される事でリアルタイム着金が可能になります。

モアタイムシステムのメリットとデメリット

モアタイムシステムのメリットとして、カードローン利用者にとっては、従来は、平日の15時までに振り込み手続きを行う必要がありましたが、モアタイムシステムの稼働後は、365日24時間いつでも融資を受ける事が可能になりました。

緊急でまとまったお金が必要になった時に従来は、コアタイム内に手続きをしないと翌朝振り込みになっていたのですが、その日のうちに借り入れが可能になりました。

モアタイムシステムのデメリットは、日曜の夜間は殆どの銀行で対応していないという点です。それから、夜間の振込手数料が高額になる可能性があるのでしっかりと調べてから行わないと沢山の手数料を取られてしまう可能性がある事です。

もう一つ、振込先の金融機関が全銀システムに接続していない場合は、振り込みが完了しないので注意が必要です。

モアタイムシステムに参加している金融機関と不参加の金融機関一覧

モアタイムシステムには、多くの金融機関が参加していますが、不参加の金融機関もあります。

モアタイムシステムに参加している金融機関の一部は、以下の通りです。詳細は、全国銀行資金決済ネットワークサイト内にあるモアタイムシステム参加金融機関一覧にあります。

都市銀行では、三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、埼玉りそな銀行

地方銀行では、北海道銀行、青森銀行、山梨中央銀行、みちのく銀行、横浜銀行、京都銀行他

その他銀行では、ジャパンネット銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行他

信用金庫では、北海道信用金庫 他

モアタイムシステムに不参加の金融機関一覧

みずほ銀行、セブン銀行、関西アーバン銀行、東日本銀行、きらぼし銀行、あおぞら銀行となります。

モアタイムシステムの注意点

モアタイムシステムは、振込先の銀行が振込時に全銀システムに接続している事が利用できる条件なので即時入金が必要な場合は、慎重に振込先の銀行の接続する時間を調べておくことが必要になります。

事業者によっては、24時間即時入金を取り扱っていない所もあります。そのため、対応していない事業者へのローンの返済などがいつでも出来るからとギリギリまで行わない場合は、その事業者が24時間対応していない場合は、締め切りに間に合わないという事も起こってしまうので慎重に行う必要があります。

年末年始、ゴールデンウィークなどの長期連休は、メンテナンス期間として利用停止になることもあるので注意しましょう。

モアタイムシステムは、給与振り込み、賞与振込などは、対象外となるので今まで通り土日に給与が振り込まれるという事はありません。さらに、公共料金の引き落としも対象外になるので気を付けましょう。

モアタイムシステムに対応している消費者金融はどこ?

モアタイムシステムで即時振込に対応している消費者金融は、どこでしょう。また、対象の銀行ごとに書いていきます。

レイクALSA,プロミスは、モアタイムシステムに参加している全ての銀行での対応が可能です。

SMBCモビットでは、対象の銀行が決まっていて、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行での対応が可能です。

アコムでは、楽天銀行のみの取り扱いとなっています。

中でも、プロミスは、モアタイムシステムに対応している全銀行に対応している上に、土日祝日問わず利用料0円で最短10秒で振り込みをしてもらえる瞬フリというサービスがあります。

パソコンやスマートフォンから簡単に手続きが完了するので忙しくてATMに行けない方も自宅に居ながらにして振り込み依頼をすることも可能です。

-カードローン, 消費者金融
-

Copyright© 今すぐお金借りるnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.