今すぐお金借りる

お金が払えないときの対処法 お金借りる方法

パチンコで負けて生活できない!?生活苦に陥る前のお金借りる手段

更新日:

パチンコは依存性のあるギャンブルで、パチンコ依存症になってしまうと収入の全てをパチンコにつぎ込んでしまう傾向が多いので生活苦に陥ってしまう場合が多くなります。

「パチンコで負けて生活できない」

「給料日に全額パチンコに突っ込んでしまった」

「パチンコで負けて次の給料日までの生活費がない」

パチンコ依存症の人は上記のような悩み事を抱えている人が多く、生活苦に陥っている人も少なくありません。

パチンコに限らずギャンブルにハマってしまう人のほとんどが、人生に一度は生活苦に陥ってしまっているのではないでしょうか。

ギャンブルの中でも特に依存性が高いのがパチンコやスロットで、パチンコを打っている間は勝つことしか考えていませんが、実際に終わってみると数万円負けていると言う場合がほとんどです。

そして、気づいたら生活できないと言う状況を毎月繰り返している人が多くなります。

パチンコで負けて生活できない場合でも、親や友人がお金を貸してくれる場合は生活できますが、もし自分のまわりにお金を貸してくれる人が居ない場合あなたならどうしますか?

おそらくですが、ほとんどの方が銀行や消費者金融のカードローンを利用するのではないでしょうか。

パチンコで負けて生活費がない場合はカードローンがおすすめ!

パチンコで負けて生活費がない場合はカードローンがおすすめになります。

次の給料日になればお金が入ってきますので、それまでの数日間を過ごすための生活費程度であれば、銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りることで問題が解決します。

例えば、給料日まで残り10日と言う場合は1日3,000円必要なら30,000円の借入でいつも通りの生活ができるようになります。

給料日まで残り20日の場合でも1日3,000円の計算であれば60,000円借りることができれば十分生活できますね。

このように10万円以下の少額の借入であれば、消費者金融のカードローンがおすすめになります。

消費者金融カードローンでしたら、最短30分審査で即日融資(最短1時間)も可能になりますので、パチンコに負けて夜ご飯代も無いと言う場合でも安心です。

また、消費者金融の場合は銀行カードローンと違い、24時間申込みが可能で、コンビニATMやネットバンキングを利用する場合は24時間振込が可能になります。

そのため、緊急を要する場合でも消費者金融のカードローンは安心なのです。

しかも最近の消費者金融カードローンは、はじめてのご利用の方に限り「30日間無利息サービス」を行っていますので、銀行よりも低い金利でお金を借りることができるのです。

給料日までの数日間の生活費を親や友人に借りれるのであれば、わざわざ消費者金融を利用する必要はありませんが、自分のまわりの人にお金を借りることができない場合はカードローンが最も手っ取り早くなります。

パチンコで負けて生活費がない場合はカードローンを利用して次の給料日までの生活費を賄いましょう。

お金借りるなら30日間金利0円のアコムがおすすめ


3秒診断はこちら

  • 1~800万円まで最短30分審査
  • 30日間金利0円
  • 土日祝でも振込み可能

アコムは3秒診断で今すぐお金借りれるかの結果が分かります。しかもアコムで初めてお金借りると言う人は「最大30日間金利0円」になりますので、短期間での返済が可能な場合は銀行カードローンよりもお得にお金を借りることができます。最短30分で審査回答、楽天銀行の口座があれば受付完了から1分程度で振り込み可能になります。

ご融資額 1~800万円まで
審査時間 最短30分(3秒診断あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要

>>その他の消費者金融カードローンおすすめはこちら

パチンコで負けて生活できない場合は、生活費をカードローンで借りることをおすすめします。ただし、絶対に借りたお金をパチンコ屋その他のギャンブルに使わないようにしてください。資金使途は自由ではありますが、生活できない状況を立て直すためにお金を借りるのですから、使い方を間違えないようにしてください。

パチンコやスロットは依存性が高く最もやめにくいギャンブル

ギャンブルの中でも最も依存性が高くなかなかやめることができないのがパチンコもしくはスロットになります。

ではなぜパチンコは依存性が高くかんたんにやめることができないのでしょうか?

実際にあなたが初めてパチンコをした時のことを思い出してみてください。

おそらくですが、数千円から数万円買ってしまったのではないでしょうか?

いわゆるビギナーズラックと言うやつですが、はじめてギャンブルをした時に勝利してしまうと、その快感を忘れる事ができなくなり、依存してしまう傾向にあるのです。

一方で、パチンコを含むギャンブルをはじめてやった時に負けてしまった人の多くは、依存することなくきっぱりやめてしまいます。

なぜなら、数千円や数万円と言う大金が数分程度、1時間もかからない短時間で消えてしまうからです。

普通に考えると1万円は大金ですが、初めてパチンコを打ったときに数十分から数時間の間に数万円買ってしまった場合は、これほどおいしいものはないと思い、手軽にお金が転がり込んでくる仕組みにハマってしまうのです。

これこそがパチンコやスロットの中毒性が高い部分になるのです。

しかも、確変に入った時の興奮度は非常にヤバく、テンションMAX状態になりますので、あの時の快感を覚えてしまっているのでなかなか抜け出せなくなってしまうのです。

演出や迫力のある音、ぴかぴかと華やかな光等によって依存性は次第に高まっていくのがパチンコになります。

大当たりを引いたときのあの感触は一生忘れることはないでしょう。

パチンコは運が良ければ500円や1,000円と言う少額投資で大当たりを引くこともあり、当たり台に座っただけで大勝ちしてしまいますので、これを味わってしまうと抜け出せなくなってしまうのです。

仕事の合間やお昼休憩のわずかな時間を利用してパチンコ屋に行っている人はパチンコ依存症と言って間違いないのではないでしょうか。

設定推測やボーダーラインが罠!

パチンコ台の設定推測や釘のボーダーラインを見れる人ほど深みにハマってしまいますので要注意になります。

毎日朝から晩までパチンコ屋に入り浸って、釘が見れて設定推測ができ、回すことが可能であれば収支がプラスで安定する場合も稀にありますが、ほとんどの場合は難しくなります。

それなのに、仕事の合間や仕事帰り、休日を利用してパチンコ屋に行く人が同じように収支を安定させるのは至難の業なのです。

例え運よく設定6の台に座れたとしても、朝から晩まで打つことができればプラスになることもありますが、毎回そうでなければ結局マイナスになってしまいます。

基本的にパチプロでない以上は打つ時間も限られていますので硬設定であっても負けてしまう場合が多くなります。

パチンコをやめるためにお金を借りる

パチンコは、あなたが一生懸命働いて稼いだお金をあっという間に消し去るギャンブルになります。

汗水たらして稼いだお金が一瞬で消えた経験を味わったことがある人なら分かると思いますが、パチンコは絶対にやめるべきギャンブルです。

金銭的余裕があり、娯楽のためにパチンコをするのであれば止めませんが、事実そうではなく借金の返済やお金を増やすためにパチンコをやっていますね。

ギャンブルに頼ってお金が増えるなら誰も働きませんし、楽してお金を稼ぐ方法なんて世の中には基本的にありません。

その事実をあなたも分かっているとは思いますが、やめることができないのですよね。

まず考え方を改めましょう!

パチンコで勝つ方法を探す努力をするのではなく、パチンコをやめる努力をしましょう。

今は生活費の10万円程度で済んでいますが、このまま続けていくと数十万円、数百万円と借金が膨らんでしまう場合もあります。

そうならないためにも、早い方がいいのです!

今以上に借金が増えてしまう前に、カードローンで必要な生活費だけを借入して、今の生活を大切にしてください。

そして、ギャンブルをやめることができましたら、生活苦に陥ることはなくなるでしょう。

パチンコは、もしかしたら勝てるかもしれないと言う勝手な想像から気がつけばパチンコ屋に居ると思いますが、トータルすると絶対に負けるものと自分に言い聞かせてやめるべきでしょう。

実際問題パチンコでトータル的にプラスと言う人はどれだけ居るのでしょうか?

現実を見ると答えは出ていますよね。

今回カードローンでお金を借りるのはあくまでもパチンコをやめるための生活費であり、パチンコを打つためのお金ではないと言うことを自分の胸に誓ってから申込みをしてください。

お金を借りたら絶対にパチンコ屋に行かないこと

パチンコ依存症の人はお金が手に入るとパチンコ屋に行ってしまう傾向にありますので注意するようにしてください。

借りたお金で負けたお金を取り返そうとする傾向にありますが、冷静に考えてください。

パチンコで勝てるのはごく稀で、負けることがほとんどです。

今あなたが置かれている状況は身を持って分かっていますよね?

紛れもなくパチンコが原因で今のあなたの状況を作り出しているのです。

現状を打破するために、まともな生活をするための生活費を借りたのですから絶対にパチンコ屋にはいかないようにしてください。

もし、あなたがお金を借りてからパチンコ屋に行かない自信がないと言うのでしたら、カードローンの申し込みはやめておくべきでしょう。

なぜなら、必ず負けてしまうからです。

負ける人はたとえ100万円突っ込んでも負けてしまいます。

それをたかだか10万円突っ込んだ程度では絶対に勝つことはないのです。

あなたはその負ける人になりますので、絶対に借りたお金でパチンコ屋にはいかないようにしてください。

もし、あなたが年末ジャンボ宝くじにでもあたって、10億円持っていると言うのでしたら好きなだけパチンコを打てばいいと思いますが、たかだか10万円程度のお金を握りしめてパチンコを打っても数時間で0円になってしまうのは目に見えていますね。

実際今までがそうだったので自分でもよく分かっていますよね。

昔大勝ちした人ほどパチンコはやめられない

パチンコやスロットで昔大勝ちしたことがある人や、頻繁に勝っていた人ほどやめることができません。

昔は朝から晩までパチンコ屋に入り浸って100万円勝つこともありましたが、今ではそんなに大勝ちすることはありません。

つまり、今の時代パチンコだけで生活していくのはほぼ不可能と言うことです。

もしパチンコだけで生活していると言う人が居たとしても、ごく一部の人だけになりますので決して真似しようとしてはいけないのです。

パチンコなどのギャンブルは一度味をしめてしまうとやめられなくなりますが、負けが混みだすと賢い人はきっぱりやめちゃいます。

しかし、あなたのようなパチンコ依存症の人は、いつまでも過去に大勝ちした思い出を忘れる事ができずに抜け出すことができないのです。

冷静になって客観的に見てよく考えてみてください。

あなたのまわりにパチンコで大勝ちして、パチンコだけで生活している人は何人いますか?

答えは言わなくても分かりますよね、パチンコは人生をダメにしてしまうギャンブルになりますので、一刻も早くパチンコ依存症から抜け出しましょう。

パチンコ依存症を克服しやめる方法

パチンコ依存症は、よっぽど意志が固い人じゃない限り自分の意思ではやめることができません。

パチンコ依存症はある種の精神疾患の一つで、手元にお金があると体がうずうずしていてもたってもいられなくなりパチンコ屋へ駈け込んでしまうのです。

そのため、パチンコ依存症を克服するための有効的な手段としておすすめできるのは、「手元にお金を持たない」と言うことです。

例えばですが、財布にお小遣いを全額入れるのではなく、お昼ご飯代とたばこ代だけにして出勤することで、仕事帰りにパチンコ屋へ行けなくなりますね。

休日は一人で過ごすのではなく、家族で一緒に出掛けたり、仲の良い友達と遊んだりする事でパチンコ屋へ行く頻度を減らすことができます。

パチンコ依存症を克服するための第一歩は「パチンコを打たない」になりますので、今までパチンコを打っていた時間を他のことに充てるようにしましょう。

一般的にパチンコ依存症を克服するためには3年以上の期間が必要と言われています。

自分一人でパチンコ依存症を克服するのが難しい場合は、家族や友人に相談し、パチンコ屋へ行かないように仕向けてもらいましょう。

お金の管理も自分でするのではなく、妻や親にしてもらい、パチンコを打つお金がない生活を3年以上送るようにしましょう。

そうすることで、パチンコ依存症を克服するようにしましょう。

家族や知人に相談できない場合は病院や相談機関を利用する

自分はパチンコ依存症かもしれない、だけど相談できる家族や友人は一人もないと言う場合は、病院や相談機関に相談するようにしましょう。

病院であれば、大きめの病院へ行けば「精神科」や「心療内科」がありますので相談してみましょう。

相談機関を利用する場合は、以下にご相談ください。

機関名 公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会
事務局 東京都中央区新川1丁目21番5号 茅場町タワー105号室
TEL 03-3555-1725
相談専用電話番号 070-4501-9625
支部 北海道・青森県・福島県・東京都・千葉県・埼玉県・栃木県・茨城県・群馬県・神奈川県・新潟県・富山県・長野県・山梨県・愛知県・石県川・福井県・三重県・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・広島県・岡山県・福岡県・佐賀県・大分県・鹿児島県・長崎県・沖縄県
公式HP https://scga.jp/
機関名 パチンコ依存問題相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」
事務局 沖縄県中頭郡西原町上原2丁目9番地の1 ルボワYARA2F
TEL 098-871-9671
相談専用電話番号 050-3541-6420
支部 北海道・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県・長野県・石県川・福井県・三重県・滋賀県・兵庫県・鳥取県・島根県・山口県・愛媛県・高知県・長崎県・佐賀県・熊本県・鹿児島県・宮崎県・沖縄県
公式HP http://rsn-sakura.jp/
機関名 GA日本インフォメーションセンター
事務局 神奈川県大和市大和東3-14-6 KNハウス101 GA日本インフォメーションセンター
相談専用電話番号 046-240-7279
支部 45都道府県183グループ(2018年12月1日現在)
公式HP http://www.gajapan.jp/

パチンコ依存症問題の支援団体は、パチンコ依存症についての無料相談を電話にて行っていますので、「病院には相談したくない」と言う方は上記のいずれかの支援団体に連絡し専門家に相談するようにしてください。

パチンコ依存症は精神疾患になりますので、病院や専門家に相談することは何も恥ずかしいことではなく、まともな生活に戻るための手段になります。

相談できる家族や友人がいない場合は、こういった支援団体や病院に相談し、専門的な支持を受けてパチンコ依存症を克服するようにしてください。

元パチンコ依存症の方の体験談

元パチンコ依存症で悩んでいたけど、現在はパチンコ依存症を克服してまともな生活に復帰したと言う方の体験談をご紹介します。

パチンコ依存症で家族を失った池田悟さんの体験談

社会人になってからはじめて同僚に誘われて行ったパチンコで10万円勝ってしまい、そこからパチンコにハマってしまいました。

はじめは調子が良く、1日に2~3万円勝つ日も多く、月のトータルで言いますと10万円プラスぐらいでした。

一番調子が良かった時はスロットですが1日で65万円勝ったこともありました。

これって普通に考えたらすごいことで、給料が手取り25万円にプラス10万円なので、毎月35万円の生活費があったのです。

そしてほどなくして学生時代から付き合っていた彼女と結婚し、二人の子供も授かりました。

妻は休日になるとパチンコ屋に通う私に子供のことを考えてパチンコをやめるように何度も言いましたが、私は聞く耳を持たずに毎週末パチンコ屋に入り浸っていました。

もちろん勝つ日もありましたが、次第に負けが混むようになり、給料日にお小遣いをもらってもその日の内になくなる始末。

独身時代に貯めていたへそくりを使って凌いでいましたが、パチンコ屋の前を通ると良い台がないか見に行ってしまい、店内に入ると気がつくとパチンコを打っていると言う状態でした。

この時には既に何をしている時もパチンコのことばかり考えていて、仕事の休憩時間は同僚とパチンコの話ばかり、空いた時間を利用して雑誌を見たり携帯で情報を探したりしていました。

既にパチンコ依存症だったのだと思います。

隙間時間を見つけてはパチンコ屋へ行っていたので、へそくりもあっという間になくなりましたので、消費者金融でお金を借りてまでパチンコを打つようになっていました。

当たりはあるのに単発で終わり、また回しては単発・・・

過去に大勝ちした記憶が未だに残っているので、あの時の感覚が忘れられず、何の根拠もなく自分ならまた勝てると言う気持ちがあり打ち続けたのだと思います。

10万円借りても11万円勝てばプラス、借金が20万円に膨らんでも25万円勝てば5万円プラス、借金が50万円になってもあの時のように65万円勝てば15万円プラス・・・

自分の脳内ではこのような考え方が永遠と続いていたと思います。

そしていつしか借金は防大に膨れ上がり、ついに返済に遅れが出るようになり、結果的に支払うことができなくなってしまったのです。

そうなると当然催促の電話もかかってきますし、督促状も家に届きます。

その結果、妻に多額の借金があることがバレてしまいました。

この時点での私の借金は全部で300万円でした。

当時は今ほど規制が厳しくなかったので、いくらでもお金を借りることができましたが、300万円で妻にバレて良かったと思います。

ちなみにこの時の借金は、妻が少ない給料からコツコツ貯めてくれていた貯金で返済してくれました。

そして私は二度とパチンコをしないと妻に誓いました。

妻からはパチンコ屋へ行っていることがバレたら離婚しますと釘を刺されていました。

しかし、パチンコを打っていないとき、パチンコ屋の前を通りがかるとソワソワしてしまうのです。

1,000円だけ、1,000円売って当たったらラッキーじゃん!

パチンコは運が良ければ1,000円でも当たりを引くことがありますが、そんなに都合よく1,000円で当たる訳ないんです。

1,000円でダメならあと1,000円、それでだめなら3,000円負けたら今日は帰ろう・・・

そして結局1万円ぐらい負けて帰ることになるのです。

お小遣いの範囲以内でパチンコ打ってるんだから大丈夫と勝手な理由を自分に言い聞かせて妻に隠れてコソコソパチンコ屋へ行っていました。

たしかに小遣いの範囲内であれば問題はないと思うのですが、そんなことで収まる訳がないのです。

この時は自分で気づいていませんでしたが、結局私はパチンコ依存症のままの状態なのでパチンコを打つお金が無くなると他人に借りてまでパチンコを打ってしまうのです。

他人とは消費者金融のことですが、前回の借金も完済していましたので十分に借入枠があったのでかんたんにお金を借りることで来ました。

そしてまた同じ考えで頭の中がいっぱいでした。

10万円借りても11万円勝てばプラス、借金が20万円に膨らんでも25万円勝てば5万円プラス、借金が50万円になってもあの時のように65万円勝てば15万円プラス・・・

負けが混めば混むほど勝ちたい気持ちが強くなり、ムキになってやってしまうのです。

そして結果は同じです。

また借金が膨らんでしまい、返済不能になり督促状が家に届き妻にバレてしまう・・・

完全に呆れてしまった妻は、子供二人を連れて家を出ていき二度と戻ってくることはありませんでした。

数日後、自分のもとへ届いたのは離婚届と結婚指輪が入った封筒でした。

何度携帯に電話をかけても出てくれないし、実家に電話をかけても妻に繋がることはありませんでした。

二度とパチンコしないから戻ってきてほしいと一言謝りたかったのですが、同じセリフを前回も言っているので完全に呆れられたのでしょう。

今まで何度も妻から警告されていたにも関わらず、変わろうとしなかった自分に今でも腹が立ちます。

そして、私は家族を失ってはじめてパチンコ依存症と向き合うことにしました。

とりあえず、訳も分からず精神科に相談しました。

診断結果はギャンブル(パチンコ)依存症でした。

それから、きっぱりとパチンコをやめて、20年経った今でもただの一度もパチンコ屋へ行ってません。

もっと早くに気づいてやめることができていれば、今頃は家族4人で幸せに暮らしていたのかと思うと悔しくてたまりません。

なぜあの時もっと妻の声を聴いてあげなかったのか、なぜもっと子供たちに夢中になってやれなかったのか悔やんでも悔やみきれません。

パチンコは勝つときは続きますし、稀に大勝ちしますのでギャンブルの中でも中毒性の強い方だと思います。

今だから言えますが、パチンコなんてトータルすると高確率でマイナス、ハッキリ言って勝てるわけがないのです。

なぜなら、裏でモニターでチェックしながら機械を操作できるからです。

あれから20年経ちましたが、ただの一度もパチンコ店の敷居をまたいでいません。

パチンコはもちろんすべてのギャンブルに一切手を出さなくなりました。

体験者プロフィール

体験者:池田 悟(仮名)
年齢:46歳
職業:会社員
年収:450万円
貯金:500万円
借金:0円
住居:賃貸マンション
家族構成:一人暮らし

以上が「パチンコ依存症で家族を失った池田悟さんの体験談」になります。ギャンブルは人生を大きく狂わせますので、ハマってしまっている人は要注意です。特にパチンコは中毒性の強いギャンブルになりますので、お金を借りてまで打つのは絶対にしないようにしてください。
ブラックでもお金を借入する方法はガチであります!大手消費者金融の審査に落ちたらココ

ブラックでもお金を借入する方法はあるのか? あなたが当ページに辿り着いたと言うことは、現在「ブラックリスト」になっている可能性が高く、どこの消費者金融や銀行の審査も通らないと言う状況になっているのでは ...

続きを見る

-お金が払えないときの対処法, お金借りる方法
-, , , ,

Copyright© 今すぐお金借りるnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.