ブラックリストについて

消費者金融の借金を踏み倒したら大変な事になる?

更新日:

消費者金融の借金を踏み倒すと「個人信用情報機関」に記録され、他の金融機関からお金を借りれなくなります。

また、借金を返済しないまま放置すると業者側は郵便物や電話で催促をしますが、何も対応をしなければ異動になり債権回収業者が取り立てを行います。

それでも何もしないと差押予告書が届き、裁判所で手続きをして財産を差し押さえるため注意が必要です。

最後は裁判所から支払督促申立書が届き、出廷して金融会社と返済方法について話し合うことになります。

借金を踏み倒すと「督促」が送られてくる

「借金 踏み倒し 督促」を検索すると、借金をそのまま返さずに放置すると郵便物や電話で催促される仕組みであることが分かります。

催促は債権者である金融機関が債務者に対してお願いをするために行われ、この際に行う対応によって返す気が有るかどうかを判断することが特徴です。

金融機関はそのまま債務者に貸した金額を滞納されると損害を被るため、回収しようにも無視され続けると裁判所に訴えます。

裁判所に訴える方法は支払督促申立の手続きを行い、この時点で債務者に支払督促申立書という書類が送られてくる仕組みです。

このような流れが借金を踏み倒すと督促が送られてくることで、催促があっても無視せずに遅れてでも返すことを使える必要があります。

消費者金融の借金を踏み倒すと個人信用情報に登録される

借金を踏み倒すと個人信用情報に登録され、お金を借りることができなくなる仕組みを把握して今後の生活に支障をきたすことがないようにする必要があります。

消費者金融の借金は滞納をするとその時点で個人信用情報に記録され、連続するとブラックリスト入りし借金が一切できなくなるため注意が必要です。

個人信用情報はローンやキャッシングの審査の際に確認でき、共有されているため申込書に虚偽の情報を記入しても安易に発覚します。

滞納の履歴は返済が完了してもすぐに消去されず、完済から起算して5年間経過するまで残るため一時的な場合でも連続すると肝心なときにローンやキャッシングができなくなるため注意が必要です。

個人信用情報は自分自身で信用情報機関で手続きを行うと開示され、新たにローンやキャッシングなどをする際に確認すると審査に通るかどうか分かります。

このため、借金を踏み倒す行為は今後の生活に多大な影響を及ぼすことを理解し、すぐに対応するように責任を持って考えることが重要です。

個人信用情報は複数の金融機関から借金がある場合でも確認できるため数が増えると審査に通らなくなり、予定していた収入が入らない場合には支払う前に金融機関と相談する必要があります。

個人信用情報に事故情報を登録されるとブラックリストになる

個人信用情報はローンやキャッシングなどの支払履歴を記録し、滞納があればその都度該当する年月を追加します。

ブラックリストは事故情報の存在が確認された時に掲載され、基本的に返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払滞納があることが目安です。

個人信用情報は一度滞納の情報が記録されると返済しても5年間残るため、お金が足りなくて支払えない場合は安易に踏み倒そうと考えずに金融機関と相談する必要があります。

基本的に金融機関がブラックリストだと考える基準は催促をしても返してもらえないと判断した時点で、異動という形で債権回収業者に委ねる仕組みです。

他にも民事再生や自己破産、任意整理、特定調停、個人再生など債務整理をするとなるため、個人信用情報が無関係のこともあります。

携帯電話の分割払いの場合は3ヶ月以上滞納するとブラックリスト入りするため、借金であることを自覚して責任を持って返済することが大事です。

携帯電話の分割払いに関する情報は個人信用情報の範囲内になり、金融機関のローンやキャッシングなどと併せて記録されます。

滞納は金融機関以外に携帯電話でも同様に扱われるため、仕組みを把握して責任や自覚を持って計画的に利用することが重要です。

ブラックになるとどうなる?

ブラックの状態はクレジットカードの審査に落ち、ローンができないため車や不動産を購入することが一切できなくなります。

実際になっているかどうか確かめる方法は指定信用情報機関のCICに情報を照会し、入金状況でドルマーク以外のものが数回連続するとブラックの状態です。

このような状態は金融機関が約束通りに貸した金額を返さないと判断するため、絶対に審査落ちする傾向があります。

個人信用情報は金融機関が照会するとすぐに開示できるためブラックであるかすぐに分かり、滞納されて損害を被るリスクを回避するために審査に通さないことが特徴です。

このような状態は急にお金が必要な場合にも対応できなくなり、なるべく避ける必要があります。

ブラックリストはいつ消える?

ブラックリストの情報は完済した場合は5年間経過すると消えますが、優先して返すようにしないといつまでたっても残るものです。

ただし、手違いで誤った情報を記録されていれば消せるため、滞納など心当たりがないのに審査に通らない場合は考える必要があります。

基本的に滞納をしてしまった場合は数回連続すると5年間はクレジットカードやローンの審査に通らないことを認識し、時期が来るまで待ってから申し込むように考えることが大事です。

no image
今すぐお金借りるなら

お金借りるなら、さまざまな方法がありますが、どうしても急ぎでお金が必要な場合のような緊急事態でしたら、当サイト【今すぐお金借りるnavi】では即日融資が可能な消費者金融カードローンでお金を借りることを ...

続きを見る

-ブラックリストについて
-, , , , ,

Copyright© 今すぐお金借りるnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.