今すぐお金借りる

今すぐお金借りるなら

お金借りるならさまざまな方法があり、「銀行・郵便局・消費者金融・公的機関(市役所、区役所)・親・友人」などがあります。

お金を借りる方法はたくさんありますが、どうしても急ぎでお金が必要な場合のような緊急事態でしたら、当サイト【今すぐお金借りるnavi】では即日融資が可能な消費者金融カードローンでお金を借りることを推奨します。

お金が必要になる状況は突然訪れるものなので、誰もがピンチな状態になると思いますが、そんな時に今すぐお金を借りたいと言うニーズを満たしてくれるのが消費者金融カードローンになります。

銀行でお金を借りた方が安心だと思っている方も多いと思いますが、銀行では今すぐのニーズには対応することができません。急ぎでお金が必要な状況で緊急を要する場合は、消費者金融カードローンがあなたの強い味方になってくれます。

カードローンには大きく分けて「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」の2種類ありますが、即日融資が可能で今すぐお金を借りたい場合は消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融と聞くと胡散臭いと感じる方や、不安だから銀行カードローンでお金を借りたいと思う人も多いと思いますが、銀行カードローンは用意する書類が多く審査が厳しくなりますので、審査に通過するまでに1週間以上かかってしまう場合もあります。

そのため、お金がない状況で今すぐ資金調達したい場合は消費者金融カードローンがベストな選択なのです。

目次

今すぐお金借りるなら消費者金融が最適!

今すぐお金借りる
今すぐお金借りるなら、

  • 最短即日融資が可能
  • 最短1時間融資も可能
  • 土日祝日でも借入可能
  • 夜間でも借入可能
  • 審査時間は最短30分

の消費者金融カードローンがおすすめです。消費者金融は金利が高いと思われている方も多いと思いますが、最近の消費者金融は「30日間無利息サービス」を行っているところもありますので、短期間で返済する予定がある場合は銀行でお金を借りるよりもお得になります。

お金を借りたい状況はさまざま

お金を借りたい状況はさまざまで突然訪れるものです。

例えば、

  • 会社の同僚からの急な飲み会の誘い
  • 友達からの急なコンパの誘い
  • 知人の結婚式に招待され祝儀代がない
  • どうしても欲しいレア物が見つかった
  • クレジットカードの支払いができない
  • 各種ローンの返済額が少し足りない
  • 家賃や光熱費が払えない
  • 突然の出費で給料日までの生活費が足りない
  • 幼稚園のママ友のランチ会に誘われた

等々、急にお金が必要になるときは突然訪れるものです。

どのようなケースでも断れる状況であれば特にお金を用意する必要はありませんが、どうしても断れない状況やどうしても今すぐ手に入れないと一生後悔するレア物があるときは早急にお金を工面しないといけません。

そんな時に便利なのが、消費者金融カードローンなのです。

消費者金融カードローンの資金使途は原則自由になりますので、借入できれば使い道は自由です。しかも、借入限度額の範囲内であれば、何度でも自由にお金を借りられるので利便性が高いのも魅力的な金融商品になります。

審査時間は最短30分で、最短即日融資も可能で、30日間無利息期間がありますので、なるべく低金利で今すぐお金を用意しないといけない状況でも安心です。

ただし、最短即日融資が可能なのは大手消費者金融だけに限ります。

お金を借りるのにおすすめの大手消費者金融はこちら

消費者金融と一口に言っても大手と街金と言われる中小の消費者金融がありますが、今すぐ資金調達したいと言う方におすすめなのは大手消費者金融になります。

その理由は、即日融資に対応していることと、大手ならではのサービスが充実していることになります。特に30日間無利息サービスを提供している消費者金融がおすすめになります。

プロミス

プロミス

>>3秒診断はこちら

プロミスは24時間申し込み可能で審査時間最短30分、最短1時間で最大500万円までの融資が可能なので、今すぐお金を借りる必要がある人向けのカードローンになります。しかもプロミスを初めて利用する場合は「30日間利息0円」になりますので、銀行カードローンよりもお得にお金を借りられます。お得なポイントサービスや国内20万ヶ所以上で優待サービスがあるのはプロミスだけ!

  • 1~500万円まで最短30分審査
  • 30日間無利息サービス※1
  • 原則24時間最短10秒でお振込可能

※1メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ご融資額 1~500万円まで
審査時間 最短30分
貸付金利 4.5~17.8%(実質年率)
担保・保証人 不要

アコム

>>3秒診断はこちら

アコムは3秒診断で今すぐお金借りれるかの結果が分かります。しかもアコムを初めて利用すると言う人は「最大30日間金利0円」になりますので、短期間での返済が可能な場合は銀行カードローンよりもお得に借入することができます。最短30分で審査回答、楽天銀行の口座があれば受付完了から1分程度で振り込み可能になります。

  • 1~800万円まで最短30分審査
  • 30日間金利0円
  • 土日祝でも振込み可能
ご融資額 1~800万円まで
審査時間 最短30分(3秒診断あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要

アイフル

アイフルは最速1秒診断で今すぐお金借りれるかの結果が分かります。しかもアイフルで初めてお金を借りると言う人は「最大30日間金利0円」になりますので、短期間での返済が可能な場合は銀行カードローンよりもお得に借入す、ることができます。最短30分で審査回答、即日融資も可能で収入証明書は原則不要になります。
※ご利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースの場合

  • 800万円まで最短30分審査
  • 30日間無利息サービス
  • 最短30分で審査完了
ご融資額 800万円まで
審査時間 最短30分(1秒診断あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要

SMBCモビット

モビット

SMBCモビットはわずか10秒で簡易審査結果が表示されますので、今すぐお金を借りられるかの結果がすぐに分かります。WEB完結型の申込みでカードレスの選択をすることで、郵送物などが届きませんので家族にバレることなくお金借りることができるのも嬉しいですね。公式アプリを使えばセブン銀行ATMでスマホだけで入出金可能です。

  • 800万円まで最短30分審査
  • 10秒簡易審査
  • 最短30分で審査完了

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ご融資額 1~800万円まで
審査時間 最短30分(10秒簡易審査あり)
貸付金利 3.0~18.0%(実質年率)
担保・保証人 不要
上記の消費者金融は最短30分と言うスピード審査になりますので今すぐお金を借りたいと言う人にぴったりになります。しかもアコムやプロミスに関しましては、たった3秒でお金を借りれるか分かますので、緊急事態でも安心です。また消費者金融は比較的金利が高めに設定されていますが、30日間の無利息期間がありますので短期間でお金を借りる場合はあまり気にする必要はないでしょう。

今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめなのはなぜ?

消費者金融
今すぐお金を借りる場合は消費者金融がおすすめの理由は、「即日融資が可能」と言う点です。

「今すぐ」と言うところがポイントで、銀行の場合は今すぐに対応していません。

カードローンに必ず必要になるのが「審査」ですが、消費者金融の審査は最短30分で即日融資が可能になりますが、銀行カードローンの場合は審査が非常に厳しく即日融資が難しくなります。

また、銀行の場合は審査に必要な書類も多くなりますので、書類集めに時間がかかってしまいます。

しかし、消費者金融の場合は「運転免許証」があれば審査可能で、WEB完結型になりますので窓口に行く必要もなく融資を受けることができます。

審査にさえ通過したらすぐに指定口座に振込みしてもらえるしコンビニのATMでお金を引き出すことも可能なので、緊急事態のときでも安心です。

両親や友達にお金を借りれるなら消費者金融でお金を借りる必要はないと思いますが、身の周りの人にお金を貸してくれる人が居ない場合は消費者金融が強い味方になってくれます。

消費者金融のイメージをあまりよく思っていない人も少なくないと思いますが、昨今の消費者金融は大手銀行の保証会社をしているほど信用がありますので安心していただいても大丈夫です。

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比較しても即日融資が可能で、場合によってはほぼ審査なしで借入ことができますので、とにかく今すぐお金を借りる必要がある緊急事態の場合は消費者金融カードローンがおすすめになります。

消費者金融は審査なしでお金を借りることができるの?

そもそも消費者金融カードローンを利用する際に審査なしの業者はあるのでしょうか?審査なしでお金を借りることが可能な業者もありますが、「ヤミ金」などの違法業者になりますので十分注意するようにしてください。

また、審査が甘い場合もまともな貸金業者ではない違法業者の可能性が非常に高いので、絶対にお金を借りないようにしてください。銀行や消費者金融から借入する際には必ず審査があり、その審査に通過する必要があります。

つまり、法律を守っている正規の消費者金融で融資を受ける際は必ず審査があると言うことです。

消費者金融でお金を借りる際の審査に必要な書類

消費者金融の審査に必要な書類は、各社共に基本的に同じになります。

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート)
  • 収入証明書(給与明細・源泉徴収票など)

消費者金融でお金を借りる際は、基本的に上記の書類が必要になりますが、場合によっては免許証だけで審査が通過する場合もあります。運転免許証や収入証明書の写真をスマホで撮って、各消費者金融のWEBサイトにアップロードするだけで審査してもらえます。

ただし、あくまでもこの審査は仮審査になりますので、ここで審査に通過したからと言って確実にお金を借りれる訳ではありません。仮審査に通過しましたら本審査があり、本審査に通過してはじめて借入が可能となります。

最近は各消費者金融の公式サイト内で事前に自分が審査に通過するか分かる「3秒診断」ができますので、審査が心配な方はまずは3秒診断から試して見ましょう。アコムやプロミスではこの「3秒診断」があり、SMBCモビットでしたら「10秒簡易審査」がありますので是非ご活用ください。

この簡易審査に通過すれば、ほとんどの確率で即日融資可能になりますので今すぐお金を借りる必要がある方でも安心です。消費者金融の審査は、普通に働いて安定収入があり、他社からの借入も少ないと言う人からすると普通にお金を借りることができます。

一方で、審査が全くなく即日融資してくれるような業者は、ヤミ金などの違法業者の可能性が高いのでご注意ください。法律に基づいて貸金業を行っている消費者金融は基本的に審査がありますので、審査がある時点で安心できる消費者金融と言うことになります。

消費者金融でお金を借りる際の審査基準について

消費者金融では必ず審査があります。その気になる審査基準は以下になります。

個人信用情報に関する審査

  • 自己破産や債務整理の記録はないか
  • 他社の借入はないか
  • 過去の借入実績はどうか
  • クレジットカード等の返済状況に延滞や滞納していないか
  • 過去に消費者金融でお金を借りたことがあるか
  • 借りたことがある場合は延滞や滞納はしていないか

カードローンでお金を借りることができるかの分かれ目になる審査が個人信用情報に関する審査になります。

例えば、事故情報(自己破産・債務整理・返済延滞・遅延)、借入状況(借入金額・借入件数・借入上限金額)、申込記録(他社への借入件数や申込記録やキャンセルなど)、借入実績(カードローンの利用状況・返済状況・借入期間・借入金額・返済回数・月々の返済額)などをチェックする審査になります。

消費者金融カードローンは、無担保で保証人不要の信用貸しでお金を貸してくれるため、個人信用情報はしっかりとチェックします。上記の信用情報の内容が悪いと、どれだけ以下の属性スコアリングがしっかりしていても審査落ちしてしまう可能性があります。

属性スコアリング審査

  • 正社員かアルバイトか
  • 安定収入はあるか
  • 20歳を超えているか
  • 持家か賃貸か
  • 年収はいくらあるか
  • 結婚しているか

属性スコアリング審査とは、「氏名・生年月日・住所・電話番号・住居・婚姻の有無・家族構成・勤続先・勤続年数・年収・雇用形態・保険証の種類」等のあなたの基本情報を点数化(スコアリング)する審査になります。

基本的に上記内容に問題なければ消費者金融でお金を借りることができます。

派遣社員でもお金を借りることは可能?

派遣社員でも消費者金融カードローンでお金を借りることは可能になります。

派遣社員や契約社員といった非正規雇用者は、お金を借りれないと思っている人が多いですが、安定収入があるので借入可能となります。

派遣社員の方でも20歳以上で安定収入があれば、女性でも男性でもお金を借りることができます。

自営業者(個人事業主)でもお金を借りることは可能?

自営業者や個人事業主の方でも、安定収入があればお金を借りることは可能です。

自営業者の場合は日給月給で不安定な場合もありますが、特に気にする必要はないでしょう。

毎月決まった給与ではない場合でも、毎月収入があれば問題なくお金を借りることができます。

フリーターやアルバイトでもお金を借りることは可能?

フリーターの方でも安定収入があればお金を借りることは可能です。

消費者金融カードローンでお金を借りる際の条件としまして、20歳以上と安定収入がある方、返済能力がある方になりますので、フリーターで毎月1回以上収入(安定収入)があると言う場合は借入可能となります。

主婦でもお金を借りることは可能?

消費者金融は主婦の方でもパートやアルバイトなどの安定収入があれば審査対象になりますので、審査に通過すれば借入することができます。

ただし、専業主婦の方の場合は安定収入がありませんので、審査対象外となりお金を借りれません。

また、主婦の方が借入れできる限度額は10~30万円程度となる場合が多くなります。基本的に収入に応じてになりますので、年収100万円と言う場合は30万円が限界だと思っておきましょう。

学生でもお金を借りることは可能?

学生であっても、20歳以上でアルバイトなどの安定収入がある場合は、消費者金融で借入可能となります。

ただし、学生の場合は年収もそれなりに低くなりますので、借入限度額はどうしても低くなってしまいます。

無職でもお金を借りることは可能?

無職の方でも20歳を超えていて、就職先の内定が決まっている場合は借入することができる場合があります。

ただし、消費者金融の審査によっては難しい場合もありますので、就職準備等でどうしてもお金が必要な場合は審査を受けてみましょう。

年金生活者でもお金を借りることは可能?

年金だけが収入と言う方でも借入することができる場合があります。ただし、一部の金融機関に限定されています。

みずほ銀行カードローンでは、年金生活者の方でも対象になっています。

失業中でもお金を借りることは可能?

失業中の場合は、カードローンの申込み対象外となりますので、借入することが難しくなります。

そのため失業予定のある方は、失業前にカードローンの契約を済ませておきましょう。

自己破産者でもお金を借りることは可能?

自己破産者の場合は、基本的に銀行や大手消費者金融でお金を借りることはできません。

そのため、自己破産者の方は「一般社団法人生活サポート基金」を利用してお金を借りることをおすすめします。

生活保護受給者でもお金を借りることは可能?

生活保護受給者の場合は、収入がなく生活費を支援してもらっているため、銀行や消費者金融でお金を借りることはできません。

お金が足りない場合は、厚生労働省が政策を行っている生活福祉資金貸付制度を利用してみることをおすすめします。

投資家でもお金を借りることは可能?

投資家の方は「証券担保ローン」を利用することでお金を借りられる可能性があります。

投資家証券会社が用意している証券担保ローンは、金利による利息で損することなくお金を工面することができます。

証券担保ローンとは、所有している株や証券を担保にお金を借りる方法で、銀行や証券会社が取り扱っています。

お金を借りるときの審査に有利な人と不利な人

審査
消費者金融でお金を借りるときの審査は、有利な人と不利な人に別れます。

万が一審査に落ちたとしてもその理由を消費者金融は教えてくれませんので、まずは自分が審査に有利か不利かを把握しておきましょう。

審査に不利な人 審査に有利な人
年収 200万円以下 300万円以上
仕事内容 アルバイト 正社員
勤続年数 1年未満 3年以上
住居形態 賃貸・アパート 持家(実家OK)
家族構成 一人暮らし 家族同居
取引実績 はじめて 複数回
他社借入の有無 あり なし

上記表をご覧いただければ自分が審査に有利か不利か一目瞭然ですね。

とは言っても、審査にマイナス部分が多かったとしても審査にサクッと通ることもありますので、一概に不利とは言えないのが現実になります。

上記表を見て、例えあなたが不利な人の項目に複数該当している場合でも諦めないで審査してみましょう。

万が一審査に落ちた場合でも、一件だけならまだ何とかなります。

もしかすると、何事もなかったかのように普通にお金を借りることができる場合もありますので、まずは様子見で気になる消費者金融に審査申込みしてみましょう。

審査が甘い消費者金融はあるの?

消費者金融の中でも審査が甘い業者はあるのか?

審査が甘いと通りやすいのでお金を借りやすくなりますが、残念ながら審査が甘い大手消費者金融はありません。

どこも審査はきちんとしていますので、どこの消費者金融が審査が甘いと言うことは一切ありません。

もし、上記で紹介しました大手消費者金融の審査に落ちてしまったと言う場合は、過去に延滞を起こしているかブラックリストに載っている可能性があります。

消費者金融でお金を借りる審査に落ちた場合

審査落ち
上記の消費者金融に申し込みをして審査をしたけど落ちた場合は、延滞を起こしているかブラックリストの可能性があります。

ブラックリストの場合は大手消費者金融や銀行系カードローンの審査に通りませんのでご注意ください。

また、ブラックリストではないけど過去に延滞等を起こしている場合も審査が厳しなってしまいます。

他にも債務整理や自己破産している場合は、上記の消費者金融でお金を借りることが難しくなります。

もし心当たりがあると言う場合は、以下の記事で紹介する中小の消費者金融の審査をお試しください。

以下で紹介する中小の消費者金融の場合は、延滞情報やブラックであっても積極的に貸し付けを行っており、審査対象になりますので審査申し込みしてみてください。

ブラックでもお金を借入する方法はガチであります!大手消費者金融の審査に落ちたらココ

ブラックでもお金を借入する方法はあるのか? あなたが当ページに辿り着いたと言うことは、現在「ブラックリスト」になっている可能性が高く、どこの消費者金融や銀行の審査も通らないと言う状況になっているのでは ...

続きを見る

消費者金融でお金を借りる際に審査落ちしないための注意点

審査注意点
消費者金融でお金を借りる場合は必ず審査がありますので、審査落ちしないための注意点をご紹介しておきたいと思います。

消費者金融の審査で注意する点は、

  1. 申込金額は必要最低限にすること
  2. 虚偽申告は絶対にしないこと
  3. 個人情報の記入ミスに注意すること

になります。

①申込金額は必要最低限にすること

消費者金融カードローンの申し込み金額は、必要最低限にしておきましょう。

例えば1万円借りたい人、5万円借りたい人、10万円借りたい人、50万円借りたい人、100万円借りたい人、人によって借入希望額は異なると思いますが、借入する金額が増えるに連れて審査の慎重度合いが増し、審査が厳しくなりますので注意が必要になります。

基本的に消費者金融でお金を借りる場合の審査基準に「総量規制」がありますので、年収に応じた金額しか借り入れることができません。

総量規制とは「年収の3分の1までしか貸付できない」と言う消費者金融を規制する法律になります。

例えば、年収が300万円の場合は、100万円が借入限度額となります。

これは、複数の消費者金融を利用した場合でも、全ての借入の総合計が年収の3分の1以下でなければならないと言う法律になります。

つまり、A社で50万円借入している場合はB社で50万円までしかお金を借りることができないと言うことです。

消費者金融も年収に応じた金額しか貸付できませんので、年収とあまりにもかけ離れた申込み額だと審査に落ちてしまう可能性があります。

一方100万円以上の申込み額でも、年収や属性によってはサクッと審査に通ってしまう場合もあります。

②虚偽申告は絶対にしないこと

消費者金融の審査申込み時に他社の借入金額や借入している件数を申告する必要があります。

これは審査の可否を左右する重要な情報になりますので、必ず嘘偽りなく申告するようにして下さい。

今現在他社のカードローンなどで借金があることを書いてしまうと審査に落ちてしまうんじゃないかと不安に思う方も多いと思いますが、全て筒抜けになりますので必ず正直に申告するようにしてください。

消費者金融や銀行のカードローンに申し込みする際に「個人信用情報の同意」の項目に必ずチェックする必要があります。

ここにチェック入れた時点で、あなたの個人信用情報が開示されますので、現在の借入状況などが全て見られてしまいます。

つまり、借入金額を少なく書いたり、借入があるにもかかわらず無しと申告した場合でも全てバレてしまうと言うことです。

消費者金融でお金借りる時点で信用取引になりますので、あなたに返済能力があるか、信頼できる人間かを審査しますので、虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

③個人情報の記入ミスに注意すること

最も基本的な事ではありますが、あなたの個人情報に誤りがあると審査落ちしてしまう場合があります。

例えば「氏名・住所・連絡先・勤務先・勤続年数・家族構成・居住年数・居住タイプ」等々の個人情報です。

これらの情報は審査に必ず必要な情報で、万が一誤りがあると審査落ちの原因となる場合もありますので要注意なのです。

個人情報の記入ミスで審査落ちした場合も個人信用情報に記録が残ってしまい、次に他の消費者金融で申し込みをした場合に不利になることもあります。

そのため、入力内容に誤りがないか必ずチェックするようにしてください。

消費者金融でお金を借りる場合は審査落ちに注意する必要があります。万が一審査に落ちてしまうと個人信用情報に記録が残りますので、他社の審査にも影響してしまいます。そのため、上記の3点に注意するようにしましょう。

消費者金融でお金借りる場合の金利について

金利
消費者金融に限らず銀行でお金を借りる際も必ず返済時に「金利」の支払いが発生します。

金利とは、簡単に言いますと、借入金とは別に借入期間に応じて追加で消費者金融に返済しなければならないお金(利息)になります。

借入金額が大きくなればなるほど金利は安くなります。

日本では貸金業法の「利息制限法」によって、金利の上限を20%までと定められていますので、ほとんどの消費者金融の金利(実質年率)は20%以下に設定されています。

例えば、消費者金融で100万円借りる場合で、金利が18%と仮定すると18万円の金利の支払い(毎月返済時に分割払い)が発生すると言うことです。

ちなみにですが、消費者金融でお金を借りる場合は、10万円未満であれば20%の金利、10万円以上100万円未満であれば18%の金利、100万円以上であれば15%の金利が上限となります。

それぞれの消費者金融に上限金利が設定されていますので一概には言えませんが、基準は上記になります。

実際に費者金融でお金を借りる際の金利はどうなの?

実際に「プロミス・SMBCモビット・アコム・アイフル」でお金を借りた場合にどれぐらいの金利が必要になるのか見て行きましょう。

消費者金融 金利
プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%

大手消費者金融4社の金利は上記になります。

ちなみにですが、初めての取引の場合は基本的に上限金利が適用されます。

しかし、プロミスとアコムに関しましては、「初めてのご利用の方に限り最大30日間の金利0円」が適用されますので、初めてお金を借りると言う方は金利についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

消費者金融でお金を借りる場合は、借入と返済を繰り返し行い信用が付くことで徐々に適用金利も下がっていきますので、まずは繰り返し利用するようにしましょう。

また、信用が付いてくると消費者金融側から借入枠の増額と金利引き下げの提案が来ますので、繰り返し利用することで銀行カードローンなみに低金利になっていきます。

消費者金融以外でお金借りる方法

消費者金融以外
お金を借りれるところは消費者金融だけではありません。

両親や友達、知人からお金を借りるのが難しく、消費者金融を利用するのも嫌だと言う場合は、以下の方法を参考にしてみてください。

消費者金融が心配な場合は銀行でお金を借りる

消費者金融でお金を借りるのが心配と言う場合は、銀行で借入するようにしましょう。

ただし、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、審査に通過するまで数日かかりますので今すぐのニーズには対応していません。

最近は大手都市銀行以外にも地方銀行や信用金庫、ネットバンクなども個人向けに融資薄るようになり、各金融機関のカードローンがあります。

銀行と言えば、住宅ローンやオートローンなどの借り入れる目的が明確な人への貸付が主流でしたが、最近では無担保で保証人不要の銀行カードローンもあります。

ただし、審査内容によっては保証人が必要になる場合もありますのでご注意ください。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低いため、長期的にお金を借りる場合はお得になります。

ただし、審査時間が非常に長く即日融資はほぼ不可能で、銀行口座を持っていない場合はさらに時間がかかりますので、今日中や明日中にお金が必要な場合は難しいでしょう。

>>今すぐお金を借りたい場合はこちら

クレジットカードでお金を借りる方法もある

消費者金融でお金を借りたくない、銀行は審査が厳しいし時間かかるから間に合わない、そんな時はクレジットカードでお金を借りることもできます。

お買い物する際にクレジットカードを利用したことがあると思いますが、クレジットカードにはキャッシング機能が付いている場合が多くなりますので、審査なしで即金を手にすることが可能となります。

既にクレジットカードを持っている場合は、審査が完了していますので審査なしで今すぐお金を借りれます。

つまり、今すぐ借入する方法で一番早い方法は既存のクレジットカードのキャッシング機能を利用すると言う方法になります。

ただし、もともとついているクレジットカードのキャッシング機能の利用枠は小さいのが欠点になります。

クレジットカードのキャッシング機能の利用枠は、ショッピング枠と併せた限度額が初めから決められていますので、ショッピングで利用している場合はさらに借りれる金額が少なくなります。

また、クレジットカードを持っていない場合は銀行と同じぐらい審査に日数がかかりますのでご注意ください。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融がおすすめ

初めて
初めてお金を借りる場合は大手消費者金融がおすすめになります。

親や友人以外から借入する場合は、「銀行・消費者金融・街金・ヤミ金」のいずれかになりますが、ヤミ金だけは絶対に手を出してはいけません。

銀行や消費者金融は、貸金業法の「利息制限法」によって、金利の上限を20%までと定められていますので、法定金利での貸し付けしか行いませんが、ヤミ金の場合は20%を超える法外な金利で貸付を行いますので要注意です。

銀行で言えば「三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行」などの全国展開しているメガバンクのカードローン、大手消費者金融で言えば「プロミス・SMBCモビット・アコム・アイフル」が安心ですね。

銀行カードローンが最も信頼できると思いますが、審査が厳しくお金を手にするまでに相当な時間が必要になりますので、今すぐお金を借りなければならないと言う人向けではありません。

今すぐお金が必要と言う場合は、最短30分で審査が完了し、最短1時間で融資が可能な消費者金融がおすすめになります。

しかも消費者金融でしたら、24時間申込み可能でネットバンクやコンビニのATMを利用すれば24時間いつでも即金を手にすることができますので、急なピンチの時でも安心です。

消費者金融でお金借りると家族にバレないか心配

消費者金融でお金を借りると家族にバレないか心配と言う方も多いと思いますが、最近の消費者金融はカードレスでキャッシングすることが可能で、申込みもWEB完結型になりますので、カードや書類などの郵送物は一切自宅に届きませんので家族の方にお金を借りたことは基本的にバレません。

アコムの場合は必ずローンカードを発行していますが、自動契約機を利用することで家族にバレずに借入することができます。

もしお金を借りたことがバレるとしたら、返済に遅れが生じたときや借金を踏み倒したときだけになります。

返済期日をきちんと守って返済さえしていれば、絶対にバレないのが消費者金融のカードローンになります。

万が一、返済が遅れてしまった場合は登録先の自宅に連絡が入ったり督促状が届いたりしますが、前もって消費者金融に連絡しいついつまでに返済しますと伝えておくことで自宅に通知が行くことはありません。

>>家族に内緒でお金を借りる方法

消費者金融でお金借りると会社にバレないか心配

消費者金融でお金を借りる場合は必ず審査があり、審査項目に勤続先への「在籍確認」の電話があります。

これで会社にバレてしまうと思われがちですが、実は消費者金融側も配慮してくれて架空の会社名を名乗ってくれたり、消費者金融だとバレないように勤務先に在籍確認を行いますので会社にバレることはありません。

それに在籍確認と言っても、

消費者金融「〇〇さん居ますか?」
会社「〇〇はただいま外出しておりますが?」
消費者金融「わかりました」

だけになりますので、絶対に会社にバレません。

消費者金融の在籍確認の目的は、あくまでもあなたがその会社に勤めているかと言う確認だけになりますので、上記のやりとりであなたがその会社に勤めていると言うことが分かりますね。

ちなみにですが、これが例えば「そのような者は当社に居ませんが?」と言われれば在籍確認がとれないので審査落ちになってしまいます。

消費者金融でお金を借りたとしても、会社にも家族にもバレる心配はありませんのでご安心ください。

家族に内緒でお金を借りる方法

家族に内緒

お金を借りたいけど家族にバレたくない、妻や夫に内緒でお金を借りる方法はないのか?と考えている方も多いと思いますが、家族にバレないように借入する方法はあります。

ではなぜ、消費者金融カードローンで借入すると家族にバレてしまうのかと言いますと、それはズバリ「郵送物」になります。

消費者金融から送られてくる「契約書類・ローンカード・ご利用明細書・督促状」等でお金を借りたことがバレてしまいます。

つまり、これらの郵送物が送られてこないような方法で借金することができたら、絶対に家族にバレないように借入することができるのです。

家族にバレないようにお金を借りるならアコムがおすすめ!

アコムのカードローンはカードレスではないので契約方法によっては郵送物が送られてくる心配がありますが、以下で紹介する方法で融資を受けることで郵送物が送られてこないようにすることができます。

①ネット申し込みをする!

家族にバレないようにお金を借りるためには、アコムの公式サイトからスマホやパソコンで「ネット申し込み」をしてください。この時のポイントは、「審査だけで止めておく」と言うことになります。

②契約手続きは自動契約機「むじんくん」でする!

アコムの審査に無事通過しましたら、契約手続きを行ってお金を振込みしてもらう運びとなりますが、この時のポイントは「自動契約機を利用する」になります。アコムの自動契約機は全国各地に設置されており、「22時まで※年中無休(年末年始は除く)」営業しています。

アコムの自動契約機で契約手続きを行うことで、その場でローンカードや契約書類を受け取ることができますので、自宅に郵送されることがなくなります。ここで第一関門は突破になります。

③お金を借りる場合は必ずATMを利用する

アコムとの契約が無事に済みましたらお金を借りることになりますが、この時のポイントは「必ずATMを利用する」になります。ATMを利用することで、その場でご利用明細書が発行されますので郵送されることを阻止できます。

ATMはアコムの自動契約機の横に設置されているATMかコンビニATMのどちらでもOKです。

注意してほしいことは「振込みキャッシング」で振込みしてもらうことでご利用明細書が自宅に郵送されてしまうことになります。知らない人はこの郵送物で家族にバレてしまうのでご利用の際は注意するようにしてください。

④返済は必ずする

お金を借りた場合は、必ず返済日に返済するようにしてください。返済が送れたり、返済しなかった場合は督促状が郵送で送られてきます。

もし、返済が遅れたりする可能性があると言う場合は、アコムに電話をかけて理由を説明すれば相談に乗ってくれますが、返済は必ずするようにしましょう。

返済を怠らなければ督促状が送られてくることはありません。

以上の方法を実践すれば、家族にバレないようにお金を借りることができます。消費者金融カードローンでお金を借りたことがバレる原因のほとんどが郵送物になりますので、アコムを利用して上記の方法で契約すれば家族にバレることはありませんのでご安心ください。

消費者金融でお金を借りる

消費者金融でお金借りる

もしあなたが、即日でお金を借りたい、今日中になんとしてもお金が必要と言う場合でしたら、消費者金融カードローンが最適となります。消費者金融と聞くと胡散臭さを感じると言う方も少なくはないと思いますが、最近の消費者金融は貸金業法に則って運営している正規業者なので安心です。

消費者金融は使い方さえ間違えなければ、あなたの強い味方になってくれるサービスです。この消費者金融は大きく分けると大手と中小になります。

大手消費者金融

大手消費者金融とは「アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル・レイクALSA」のようなテレビCMでもおなじみの消費者金融になります。この中でアイフル以外の消費者金融は銀行の傘下で、アコムとプロミスは無利息サービスや即日融資などのお客様満足度の高いサービスを提供しています。

中小消費者金融

中小消費者金融はいわゆる「街金」と言われる貸金業者で、地域密着型の場合が多かったのですが、近年は全国展開しているところも多くなります。街金とヤミ金を混同している人も老いと思いますが、中小消費者金融は貸金業法に則って運営している正規業者でヤミ金は法律を無視した違法業者になります。

銀行でお金を借りる

銀行でお金借りる

銀行で借入する場合は、さまざまな金融商品(ローン)がありますのでまずはどのような商品があるのか見ていきましょう。

  1. カードローン・・・生活費などとして限度額の範囲内で自由に何回でも借入できる
  2. フリーローン・・・カードローンとは違い借入は1回のみのローン
  3. マイカーローン・・・車を購入するためのローン
  4. 住宅ローン・・・住宅の新築・中古住宅の購入・リフォーム・土地購入のためのローン
  5. 教育ローン・・・進学などの教育関連に限られたローン
  6. ブライダルローン・・・挙式・披露宴・婚礼衣装・結婚指輪・新婚旅行などの結婚資金に限られたローン

銀行でお金を借りる場合は、上記のように目的に合わせてローン商品を選択するかたちになります。この中で最も手軽に借入することができるのは、カードローンもしくはフリーローンです。

この2つの場合は、保証人や担保不要で借入ができ、使いみちも自由になります。また、カードローンの場合は、銀行によっては来店不要で利用することができます。

その他のローンを利用して融資を受ける場合は銀行窓口での手続きが必要となりますので、手間と時間がかかってしまいます。

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低金利で借入することができるのがメリットではありますので1枚持っておくといざと言う時に強い味方になってくれます。

ただし、即日お金を借りたいと言う場合や今日中にお金が必要と言う場合などの緊急事態には向いていません。消費者金融カードローンは即日融資に対応していますが、銀行カードローンは審査に数日かかりますので今日申込みして今日借入すると言うことは難しくなります。

そのため、銀行カードローンを利用する場合は余裕があるときに審査をして契約するようにしましょう。

>>今すぐお金を借りたい場合はこちら

市役所でお金を借りる

市役所でお金借りる

消費者金融や銀行のカードローンで借入することに抵抗があると言う場合は「市役所でお金を借りる」と言う方法もあります。

市役所は民間のサービスよりも低金利で融資を受けることができますし、公的機関と言うこともあり安心感がありますね。

市役所で借入れできること自体を知らない人も多いと思いますが、市役所でお金を借りる制度のことを「生活福祉貸金制度」と言います。この制度は一時的にお金を貸付することによって自立した生活を送れるようにする事を目的としたものになります。

この生活福祉貸金制度には、以下の4種類あります。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育資金
  • 不動産担保型生活資金

    生活福祉貸金制度は上記の4種類あり、それぞれの目的に合わせて借入することができます。生活福祉貸金制度を受けることができる対象となる人は以下になります。

  • 高齢者世帯
  • 低所得世帯
  • 障害者世帯

    基本的に収入が少なく、生活費に困っている場合に限り上記のような生活福祉貸金制度を利用することができます。

    ちなみにですが、生活福祉貸金制度でお金を借りた場合の金利は「1.5%」となっており、保証人を付けることができると「無利子」でお金を借りることができる場合もあります。

    生活福祉貸金制度を利用する場合の審査や必要書類は、各事業所によって異なりますので、興味のある方は管轄の市役所の窓口に相談してみましょう。

    それから、このような公的機関でお金を借りる場合は即日融資は難しくなります。審査機関は1~2週間程度かかる場合がほとんどで、場合によっては1ヵ月ほど必要になる場合もあります。

    そのため、急ぎでお金を借りたい場合は消費者金融カードローンを利用して、一時的に金欠を乗り切ることをおすすめします。

    >>今すぐお金を借りたい場合はこちら

    郵便局でお金を借りる

    郵便局でお金借りる

    近所にある郵便局でお金を借りることはできないのか?お金が必要になったときにこのように思う方も少なくないと思います。郵便局で借入することはできませんが、郵便局が窓口となっているゆうちょ銀行であれば可能です。

    ゆうちょ銀行では以下のような借入方法があります。

  • スルガ銀行のローン・・・ゆうちょ銀行は、スルガ銀行を代理業者として媒介しカードローン等のさまざまなローン商品を取り扱っています。カードローンでお金を借りることができます。
  • クレジットカードのキャッシング枠・・・ゆうちょ銀行のクレジットカード「JP BANKカード」のキャッシング枠でお金を借りることができます
  • 貯金担保自動貸付・・・ゆうちょ銀行の貯金がある場合は、それを担保にお金を借りることができる
  • 財産形成貯金担保貸付・・・財形定額貯金や財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金がある場合は、それを担保にお金を借りることができる
  • 国際等担保自動貸付・・・ゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した利付国債及び個人向け国債がある場合にそれを担保にお金を借りることができる

    スルガ銀行のローン

    ゆうちょ銀行は、スルガ銀行株式会社に対して金融庁が行政処分を下したことによって、2018年10月31日(水)受付分をもって、スルガ銀行カードローン「したく」の新規申し込みを停止しております。そのため、スルガ銀行カードローンは現在利用できませんのでご注意ください。

    参照:スルガ銀行株式会社に対する行政処分について

    クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

    クレジットカードでお金借りる

    クレジットカードにはショッピング枠のほかに「キャッシング枠」を付けることができます。クレジットカードをお持ちの方で、キャッシング枠が付いている場合はお金を借りることができます。

    クレジットカードのショッピング枠で通常の買い物やネットショッピングで買い物をした事がある人は多いと思いますが、キャッシング枠は抵抗があり利用したことが無いと言う人も多いと思います。

    しかし、クレジットカードのキャッシング枠は審査など煩わしい手間が一切なく借入ができる機能になりますので、とても利便性の高いツールなのです。

    ただしクレジットカードのキャッシング枠を利用するためには、キャッシング限度額が設定されていることが大前提になりますので、まずはお手持ちのクレジットカードのコールセンターに問い合わせてキャッシング枠が付いているか確認するようにしましょう。

    キャッシング枠が付いているクレジットカードであれば、コンビニのATM等ですぐにお金を引き出すことができます。キャッシング枠が付いていない場合は、コールセンターに連絡して利用したい旨を伝えると審査してもらえます。

    また、クレジットカードを持っていない場合や審査時間が待てないと言う場合は、クレジットカードを即日発行してくれるアコムACセンターを利用して、最寄りのATMで即金を手に入れることも可能となります。

    クレジットカードにキャッシング枠がつている場合は、わざわざ消費者金融カードローンを利用しなくても、いつでも即金を手にすることができるのでとても便利です。まずはお手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を確認してみましょう。

    親や親戚、友達からお金を借りる

    親、親戚、友達にお金借りる

    どうしてもお金が必要なときで銀行や消費者金融のカードローンは利用したくないと言う方に多いのが、自分に近い人にお金を借りると言う選択をしてしまうケースです。

    しかし、この選択はなるべく避けた方が良いでしょう。未成年の方ならまだわかりますが、成人してから親のスネをかじるようではいつまでも自立できませんし、借りる際の理由などを考えるのも精神衛生上良くありません。

    これは親ばかりではなく、親戚や友人にお金を借りる場合も同じことが言えます。たとえ借りることができたとしても、親だから、友達だからと甘えが出てしまい返済を先延ばしにしたり、返済しなかったりしてしまうケースが多くなります。

    お金は借りたら返すと言う当たりまえの行動ができなくなってしまいますので、親や親戚、友達にお金を借りることはおすすめではありません。

    特に友達から借金することはやめておきましょう。仲の良い友達ならなおさら借りない方が良いでしょう。もし、借りたお金を返さなかったら確実に信頼関係を失いますし、友達ではなくなってしまう可能性が高くなります。取り返しのつかないことにもなり兼ねませんので、絶対に友達にお金は借りないようにしましょう。

    お金は想像以上に人間関係を壊してしまう要因の一つになりますので、大切な友達にだけはお金を借りないようにしてください。

    どうしてもお金が必要になった場合は、消費者金融カードローンがあなたの強い味方になってくれます。誰にもバレずにお金を借りることができますし、生活費の足しに使えますので、自分の周りの人間をあてにするのではなく、このような民間のサービスを上手に利用して金欠を乗り切るようにしましょう。

    >>今すぐお金を借りたい場合はこちら

    生活サポート募金でお金を借りる

    生活サポート募金でお金借りる

    初めて聞く人も多いと思いますが、「一般社団法人 生活サポート募金」と言う一般社団法人があります。事業の概要は以下になります。

    • 生活相談
    • 生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)
    • 東京都多重債務者生活再生事業
    • 個人再生ファンドの募集

    上記の中でも「生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)」がお金を借りれる事業になります。ただし、対象エリアが限定されており、「東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県」限定になります。

    貸付対象者は、訳ありの「多重債務者・生活困窮者」や、経済的な理由により進学や修学の継続が困難な方になります。もちろん貸付を受ける際は審査がありますので、誰でもお金を借りられると言うことではありません。

    貸付対象者の内容は以下になります。

    • 消費者金融で借入している債務を整理するための資金
    • 個人信用情報の内容によって金融機関でお金を借りることができない人
    • 家賃・税金・公共料金などの滞納金を整理するための資金を借りたい人
    • 債務整理後の生活再建を果たすための自立支援のための資金を借りたい人
    • 不動産の競売や給与の差押えされている場合で生活の再建のための資金を借りたい人
    • 一時的な生活資金を借りたい人

    上記のような人が対象となります。また、貸金業法が適応されますので、総量規制の対象となります。

    貸付金利は「年12.5%以内(遅延損害金利率年利14.6%)」と銀行や消費者金融のカードローンよりも安い金利ではありますが、借入を行う際は「連帯保証人」が必須となりますので、銀行や消費者金融のカードローンよりもハードルが高くなってしまいます。

    事業資金としてお金を借りる

    事業資金

    事業資金としてお金を借りることもできます。事業資金の種類は以下になります。

    1. 日本政策金融公庫
    2. 銀行・信用金庫で融資
    3. ビジネスローン

    ①日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫は、国が100%の出資をしている金融機関で、中小の経営者が起業する際に初めに着目する金融機関です。以前は「国金(こっきん)」と呼ばれていた国民生活金融公庫と言う金融機関でしたが、現在は日本政策金融公庫となっております。

    「普通貸付・新企業育成貸付・企業活力化貸付・環境エネルギー対策貸付・企業再生貸付」などのさまざまな無担保・有担保ローンがあり、比較的低金利で事業資金を借りることができます。

    しかし、必要書類が多く、審査も厳しいためしっかりとした下準備が必要となります。そのため、即日融資は絶対に不可能で、急ぎでお金を借りたい人向けではありません。事業資金としてお金を借りたい方は、以下の日本政策金融公庫の公式ホームページを参考にしてみてください。

    >>日本政策金融公庫の公式ホームページ

    ②銀行・信用金庫で融資

    新規の開業資金や運転資金を借りることが可能ではありますが、審査が非常に厳しく、必要書類なども多くなりハードルはかなり高くなります。

    ③ビジネスローン

    事業資金を借りる場合でスピードを重視する場合は、ビジネスローンがおすすめです。総量規制対象外となるため、カードローンよりも大金を借りれる可能性が高くなります。

    個人事業主向けのビジネスローンとして「アコムビジネスサポートカードローン」や「プロミス自営者カードローン」、「アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)」、「オリックスVIPローンカードビジネス」、「ビジネクスト」など種類は豊富にあります。

    街金(サラ金)でお金を借りる

    街金で借りる

    街金とヤミ金を混同してしまっている人もたくさん居ますが、街金とヤミ金は全くの別物になります。街金とヤミ金の決定的な違いは以下になります。

    • 街金・・・合法
    • ヤミ金・・・違法

    街金は貸金業法に則って運営しているので合法の貸金業者になりますが、ヤミ金は法律を無視した違法業者になります。

    つまり、街金は正規の貸金業者なので、あなた自身のニーズに合うのであれば利用しても問題ないと言えます。

    ただしヤミ金にだけはどれだけニーズが合ったとしても絶対に手を出してはいけません。街金の業者名を真似して運営しているヤミ金もありますので十分注意するようにしてください。

    街金は、街の中の雑居ビルなどに事務所を構えて地域に根付いた小規模な業者もあれば、全国展開している中規模の業者もあります。

    街金を利用する方の多くは、大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフル等の審査に落ちた場合が多く、比較的審査通過率は高くなりますが、安定収入が無い場合は審査に落ちる可能性が高くなりますので、誰でもかんたんにお金を借りられると言う訳ではありません。

    また、街金の借入限度額は比較的少なめで、10万円借入できればOKという感じの少額融資が基本となります。そのため、10万円以上の借入を希望する場合は、銀行や消費者金融カードローンがおすすめになります。

    質屋でお金を借りる

    質屋で借りる

    質屋でお金を借りることができることを知らない人が多いと思います。そもそも「質屋」ってなに?と言う若い方も多いかもしれませんね。

    最近はネット社会と言うこともあり、自分の所有する金品をヤフオクやメルカリで売りさばいてお金に換えている人も多いと思いますが、高級腕時計やブランドバッグ、貴金属などを質屋に持って行って借金すると言う金策の方法もあります。

    昔ながらの小さな質屋にはなかなか入りにくいと思いますが、最近は都市部へ行けば大黒屋などの大手の質屋がありますので、このような質屋であれば抵抗なく入ることができると思います。

    質屋で借入する方法は、例えばですがヴィトンのバッグやロレックスの腕時計などを持って行き預けます、ブランド品を預ける代わりにお金を借りると言う方法になります。

    一般的に預けられる期間は3ヶ月程度で、その期間内に元金と賃料を支払えば預けたブランド品を返してもらうことができます。仮にその期間内にお借りたお金を支払わない場合は、ブランド品は質屋流れと言って所有権が質屋になってしまいますので、預けた商品は戻ってこなくなります。

    このような方法で質屋に自分の所有物を預けて借入することが可能ですが、最大のメリットは審査が無いと言うことになります。

    つまり、消費者金融カードローンの審査に通過しないようなブラックの方でも質屋であればお金を借りることができると言うことです。

    質屋で借入する際に必要な物は、身分証明書とお金を交換する品物になります。この2つさえあれば誰でも即金を手にすることができます。

    生命保険でお金を借りる

    生命保険で借りる

    生命保険を利用してお金を借りる場合は、貯蓄性のある生命保険に入っていることが大前提となりますが、契約者貸付制度を利用すると借入することができます。

    契約者貸付制度とは、保険を解約するのではなく、解約返戻金を担保にして借入する方法のことで、解約返戻金の70~90%以内の範囲でお金を借りれる制度のことです。

    ちなみにですが、生命保険で借入する場合は、銀行や消費者金融カードローンのように審査がありませんので、無職の方でも借入できます。

    申請手続に必要な期間は3日から1週間程度必要になりますので、即日融資と言う訳にはいきませんが、審査も無く貯蓄型の保険にさえ加入していれば誰でも借入ができる方法になります。

    あなたが生命保険に加入しているのであれば、保険会社に問い合わせをして一度確認してみると良いでしょう。このように、契約者貸付制度を利用できる場合は、審査なしでお金を借りることができます。

    >>今すぐお金を借りたい場合はこちら

    ろうきんでお金を借りる

    ろうきんでお金借りる

    ろうきんとは「労働金庫」のことで、全国各地に13の拠点を置居ている金融機関で、働く仲間がお互いを助け合う為に作られた組織になります。

    労働金庫と聞くと利用対象者が限られているように思いますが、一般の労働者でも条件を満たしているとお金を借りることができます。その条件とは以下になります。

    • ろうきん友の会に加入していること
    • 個人会員としてろうきんに出資していること

    ろうきん友の会に加入する場合の入会金や年会費は「無料」になります。また、ろうきんへの出資額は「1,000円~」になります。この2つの条件の内いずれかを満たしていれば借入することができます。

    ちなみにですが、ろうきんのローンは以下になります。

    • カードローン
    • 自動車ローン
    • 住宅ローン
    • 教育ローン

    ろうきんでお金を借りる最大のメリットは、「低金利」になります。それと消費者金融などの民間のカードローンの申込み条件は20歳以上ですが、ろうきんのカードローンの場合は18歳以上が対象となります。

    つまり、ろうきんだと未成年でも借入可能と言うことです。ただし、消費者金融カードローンのようにスマホで申し込みをしたりできませんし、手続や審査に相当な時間がかかります。

    そのため、今すぐお金を借りたい方には向いていません。

    警察署でお金を借りる

    警察署でお金を借りれることを知っている人は少ないと思います。警察署とは交番や派出所も含みますが、警察署では困っている人にお金を貸してくれます。

    困った時に頼りになるのは警察と言いますが、「財布を落としたとき」「財布を盗まれたとき」「カバンをどこかに忘れてきたとき」このような場合で、誰にも頼る事ができない時は、最寄りの警察署へ行けば家に帰るための交通費を貸してくれます。

    これは、「公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)」と言って、警察署以外にもさまざまな公共機関でお金を借りることができる制度なのです。

    この制度を利用して借りれる金額の上限は「1,000円」と決まっています。また、絶対にお金を借りれると言う保証はありませんので、ご注意ください。

    それから、公衆接遇弁償費で借りたお金にはもちろん返済義務があり、返済しないと警察に逮捕されてしまう可能性もあります。

    警視庁の「公衆接遇弁償費事務取扱要綱の制定について」には、貸付が可能な条件に付いて書かれていますので興味のある方は参考にしてみてください。

    (1) 外出先で所持金を盗まれ、又は遺失した者に対する交通費
    (2) 行方不明者等の保護にあたり、応急的な措置に要する経費
    (3) 行路病人の保護又は交通事故等による負傷者の救護にあたり、一時的応急措置に要する経費
    (4) その他公衆接遇の適正を期するため必要とする経費
    引用:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/johokoukai_portal/kunrei/kunrei_chiiki.files/012.pdf

    勤務先でお金を借りる

    給料日まで生活資金が足りないと言うような場合に活用したい資金調達方法が、給料の「前借」になります。大企業に勤めている方でしたら「労働組合」からお金を借りることもできます。

    給料の前借については厚生労働省の「労働基準法第25条(非常時払)について」に以下のように記されています。

    労働基準法第25条では、労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならないと定められています。
    引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001aune.html

    緊急性が高い場合で少額の前借なら特に問題はありませんが、大金の場合は難しくなります。また、勤務先で前借ができるかどうかはあなたが務めている会社にもよります。

    給料の前借ができない場合は、「従業員貸付制度」と言うものを活用してお金を借りることもできます。この制度は、全ての会社で利用できるものではなく、任意の福利厚生と言った位置づけになるため、勤務先に従業員貸付制度があるかどうかは会社に確認するようにしてください。

    また、従業員貸付制度を利用した場合でも基本的には少額の貸付が基本で、多くても10万円程度となる場合が多くなります。そのため10万円以上の借入を希望する場合は、消費者金融カードローンの方がおすすめになります。

    とは言っても、従業員貸付制度は消費者金融と比較しても金利がかなり低く設定されていますので、10万円以内でも問題ない場合は利用する価値のある制度なのではないでしょうか。

    共済組合でお金を借りる

    共済組合とは、公務員や私立学校の教職員を対象とした社会保障を運営している社会保険組合のことで、全国に80以上の団体があり常勤の公務員であれば、何かしらの共済組合に加入されている場合が多くなります。

    この共済組合の「普通貸付制度」を活用すれば、公務員の方は民間の消費者金融カードローンよりも遥かに安い金利でお金を借りることが可能なのです。

    公務員の場合は消費者金融カードローンの審査に通りやすい傾向にありますが、共済組合の普通貸付制度を利用できますので、どうしても今すぐお金が必要と言うような緊急を要する場合以外では利用しなくても良いのではないでしょうか。

    ちなみにですが、共済組合で借入する場合の限度額は「月給の6倍まで(上限額200万円)」となっていて、金利は「2.66%」の超低金利となっています。

    ただし、資金使途が自由ではなく限定されている事と、必要書類(契約書・見積書・印鑑証明書・領収書など)をたくさん揃えないといけないので手間がかかりますし、消費者金融のように即日融資と言う訳にはいきません。

    つまり、今すぐお金が必要と言うような緊急性が高い時には向いていないと言うことです。今すぐお金を借りたいと言う場合は、スマホでネット申し込みをして最短1時間後にはお金を借りることができるカードローンがおすすめになります。

    >>今すぐお金を借りたい場合はこちら

    年金を担保にお金を借りる

    年金受給者の場合は福祉医療機構の「年金担保貸付」や、日本政策金融公庫の「恩給・共済年金担保融資」を利用することでお金を借りることができます。

    しかも民間の金融機関で既に借入をしている場合でも利用可能で、金利も「1%~」と低金利になっています。

    ただし申込みから審査までに「3~4週間程度」かかってしまうので、今すぐ資金調達したいと言う方には向いていません。

    また、福祉医療機構によると「平成34年3月末」で申込みが終了となっています。

    年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定され、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたる制度の見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきましたが、このたび厚生労働省から「平成34年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されました。
    引用:https://www.wam.go.jp/hp/guide-nenkin-change-tabid-254/

    大至急お金が必要と言う場合は、60歳以上でもお金を借りれる消費者金融カードローンがありますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

    >>60歳以上でもお金を借りれるカードローンはこちら

    不動産を担保にお金を借りる

    不動産を所有している場合は、所有不動産を担保に入れることでお金を借りることができます。借入を申込む金融機関や不動産の担保価値にもよりますが、数千万円から1億円程度のお金を借入する事ができます。

    借入額が大きくなるとその分金利も安くなりますので、不動産を所有している方で大金を借りたい場合におすすめになります。また、不動産を所有している場合であれば、無職の方でも融資を受けることができます。

    なぜなら、、無職の方にお金を貸し付けて万が一返済不能になったとしても、不動産を担保として回収できるからになります。

    ただし、不動産を担保に借入する場合は、不動産査定をする必要があり、審査にも相当な時間がかかるため今すぐお金を借りたいと言う場合にはおすすめではありません。

    株を担保にお金を借りる

    株式を所有している場合は、株を担保にして証券会社からお金を借りることができます。所有している株を売却すれば済む話かもしれませんが、株を売りたくないと言う場合におすすめの方法です。

    消費者金融カードローンよりも低金利で借入できる事と返済日や毎月の返済額が決まっていないので自由度が高いのもメリットになります。

    ただし、株価の変動によって「担保評価額」が融資額を下回った場合は担保が売却されることになりますので注意が必要になります。

    また、返済期間が短く手続きにも相当な時間がかかりますので、今すぐお金が必要と言う場合にはおすすめの方法ではありません。

    お金を借りる理由は人それぞれ違う?


    お金を借りると聞くと「借金」になりますのでマイナスイメージを持つ方も多く、恥と捉える方も多いのが日本人ですが、「借金=未来への投資」と考えることもできますね。

    借金と聞くと、貧乏で生活費を借入する、贅沢品の購入のために借金する、会社が倒産して多額の負債を抱えるなどネガティブなイメージが多くなりますが、未来への投資と考えるとポジティブに捉えることもできますね。

    お金を借りる理由は人それぞれではありますが、ポジティブな理由とネガティブな理由がありますのでご紹介しておきたいと思います。

    ポジティブなお金を借りる理由

    • 起業(開業)するための資金
    • 事業の発展のための資金
    • 勉強するための資金(学費等)
    • 結婚式を挙げたい
    • 自分へのご褒美
    • 新生活のための引っ越し費用
    • 親の葬儀のため

    借金することを後ろめたく考えている人も居ますが、上記のようなポジティブな理由であれば何も後ろめたく考える必要は無いでしょう。

    ポジティブな理由でお金を借りる場合は前向きな姿勢で良いのではないでしょうか。

    ネガティブなお金を借りる理由

    • ギャンブルで生活費が足りなくなった
    • 会社が倒産しリストラされた
    • 給料が少なく生活できない
    • 失業が原因で食い繋ぐため

    競馬やパチンコなどのギャンブルのやり過ぎで生活費が足りなくなった場合や会社が倒産しリストラされた、給料が少なすぎて生活できない、失業が原因で食い繋ぐため、等が原因でに借金する人も居ますが、自分の生活を立て直すための自己投資を目的とした借金でしたらネガティブになる必要は無いでしょう。

    お金を借りる理由は人それぞれ異なりますが、例えネガティブな理由であっても今の生活を立て直すために未来を見据えて借金するのであれば何も問題はないでしょう。一番注意しないといけないのは、返すあてのない借入れをすることです。お金は借りた以上必ず返済しないといけませんので、返済できる見込みがある場合だけ利用するようにしましょう。

    お金を借りる際に絶対にやってはいけないこと

    お金を借りたいけど消費者金融の審査に通らないと言う方も少なくありません。しかし、だからと言って法律を無視した方法でお金を借りることは絶対にしないようにしてください。

    特に以下で紹介する絶対にやってはいけないことは、借金の無限ループに陥ってしまう可能性がありますので十分注意するようにしてください。

    ヤミ金からお金を借りるのはダメ

    ヤミ金からは絶対にお金を借りてはいけません!ヤミ金は、貸金業法を無視した違法業者になりますので要注意です。

    ヤミ金は、審査なしで連絡先の提示だけでお金を借りれる場合がほとんどなのでブラックの方でも借りれますが、法律を無視した法外な金利を請求されるので必ず返済不能に陥ってしまい、借金の無限ループとなってしまいます。

    つまり、ヤミ金でお金を借りると遅かれ早かれ必ず返済できない日が到来すると言うことです。そして、返済が滞ると地獄のような取立てがはじまり、毎日嫌がらせされることになります。

    近所の目だけではなく会社にまで連絡してきたり、暴力まがいの恐喝を受けるケースも多々あるので精神的に追い込まれてしまうことになります。

    しかも、完済した場合でもしつこく付きまとわれるケースもありますので、ヤミ金業者には絶対に手を出してはいけないのです。

    「審査なし」や「ブラックでもOK」と言うような謳い文句でお金を貸付している業者は間違いなくヤミ金になりますのでご注意ください。

    ヤミ金の見分け方は、「掲載している電話番号が固定電話ではないと」、「貸金業者の登録番号が無い」、法定金利ではない「トイチ(10日で1割の金利)」もしくはそれ以上の金利でお金を貸付している業者になります。

    資金業登録しているかどうかは金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」でかんたんに調べる事ができますので、怪しいと思った場合は業者名を入力して検索してみてください。

    お問い合わせ番号が固定電話ではなく携帯電話だった場合はヤミ金の可能性が高いので絶対に電話しないようにしてください。携帯電話の番号と業者名のみを表示して「審査なし」や「ブラックOK」と宣伝しているような貸金業者のことを「090金融」と言って闇金の一種なのでご注意ください。

    また、最近ではヤミ金ではなく「ソフト闇金」が増えていますが、話し方や態度がやさしくなっただけでやっていることはヤミ金と同じ法律を無視した違法行為なので絶対にお金を借りないようにしてください。

    個人間融資でお金を借りるのはダメ

    最近はインターネットのSNSやLINEを通じて「個人間融資」を行っている人も居ますが、これも非常に危険な行為なので絶対にお金を借りてはいけません。

    専用サイトなどもあり、簡単にネット上の見ず知らずの人からお金を借りることができますが、貸金業法を無視した金銭の貸し借りになりますので闇金などの違法業者とやっていることに違いはありません。

    また、お金を貸す代わりに金品を要求したり、肉体関係を要求する詐欺まがいのサイトなどもあるので十分注意するようにしてください。

    闇金業者が一個人になりすまして個人間融資を行うこともあり、万が一闇金に引っかかってしまったら最悪の事態にもなり兼ねませんので、絶対に利用してはいけません。

    転職活動中にお金を借りることは可能?

    今現在転職活動中の方で、お金に困っていると言う人は「失業保険(雇用保険の失業給付金)」を利用することでお金を借りることができます。

    転職活動中の場合は、銀行や消費者金融でお金を借りるよりも失業保険などの雇用保険を利用することで生活費を工面できる可能性があります。

    ちなみにですが、失業保険の給付額は「退職前6ヶ月間の総支払額を180日(30日×6ヶ月)で割った金額が1日あたりの資金日額」となり、指定金融機関の口座に失業手当として支給されます。

    ただし、失業保険の給付額は「申込者の年齢」によって上限額が異なります。

    【失業保険の給付額(年齢別)】

    年齢 基本手当日額上限
    ~29歳 6,395円
    30~44歳 7,100円
    45~59歳 7,810円
    60~64歳 6,808円

    上記表の通り、失業保険の給付額は申込者の年齢によって異なります。

    他にも勤続年数や退職理由によっても異なりますので、支給される金額は一定とは言えません。

    特に退職理由に関しましては、自己都合で退職する場合よりも会社都合で退職した場合の方が早く失業手当が支給されますし、所定給付日数も長くなります。

    失業保険を利用してお金を借りる場合は、離職日の翌日から1年以内に最寄りのハローワークで申請する必要があり、自己都合や会社都合に関わらず失業保険を受給することが可能になります。

    そのため、転職活動中にお金に困った場合は、失業保険を活用して当分の生活費などの必要なお金を借りるようにしましょう。

    最寄りのハローワークを探す場合は、ハローワーク等所在地情報が便利です。

    カードローン即日融資

    更新日:

    Copyright© 今すぐお金借りるnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.